目次

営業系

企業において、自社の商品やサービスを提案・販売する仕事です。 自ら顧客を見つけて売り込む場合もあれば、顧客からの問い合わせを受けて提案を行う場合もあります。 企業の売上に直接的に貢献できる仕事で、業界・業種問わず多くの勤務先があります。

不動産営業

不動産業界の会社に勤務し、お客さまに向けて不動産に関する提案を行う営業職として働く人。

不動産営業とは一般に、不動産業界の会社で「営業職」として働く人です。

営業のスタイルは大きく、店舗に来店されたお客さまを接客する「内勤営業(カウンターセールス)」と、見込み客を見つけて外回りをする「外勤営業」の2種類に分けられます。

人によって分譲マンションや一戸建て、注文住宅、賃貸物件、投資用マンションなどさまざまな種類の不動産を扱います。

この仕事では学歴がさほど重視されず、未経験者を歓迎する傾向も強いことが特徴です。

専門的な知識も就職した時点ではほとんど不要で、働きながら宅建業法や建築基準法などを学んでいきます。

年収は400万円~600万円程度がボリュームゾーンですが、多くの場合、給料は「基本給+歩合給」の形で設定されています。

売上や契約数を伸ばせば伸ばすほど、たくさんの収入を手にすることが可能で、経験や実績よりも実力がものをいう職業といえるでしょう。

衣食住の一端を担うビジネスとして需要があるものの、この業界はいまだ古い体質の会社も多いといわれ、厳しい労働条件で働く人もいるようです。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

営業

企業において、自社の商品やサービスをお客さまに提案・販売し、利益を生み出す仕事。

営業は、メーカーや商社、金融会社、保険会社、不動産会社といったさまざまな業界の企業で、自社の商品やサービスを個人や法人のお客さまに提案し、購入してもらうことで利益を生み出す仕事です。

電話、メール、訪問などの方法でお客さまと直接コンタクトをとり、ヒアリングによって相手のニーズや抱えている課題などを把握したうえで、適切なアプローチによって受注に結びつけていく必要があります。

お客さまと直にやりとりをする営業は企業の「顔」となり、利益を直接的に生み出していく重要な役割を担っています

基本的に、なるために特別な資格が必要とされることはなく、熱意や人間性が重視されます。

営業の仕事では、日々の受注や売上目標が「ノルマ」という形で設定されることが一般的です。

給料は成果に応じた額がインセンティブとして支給されることが多いため、人によって収入には差が出やすく、努力した分だけ収入に直結する仕事です。

営業職を必要とする企業は多くあるため、就職や転職を考える人にはチャンスも大きい職業です。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

ルートセールス

メーカーなどで働く営業職の一種。既存顧客に対して、商品やサービスのセールスを担当する。

ルートセールスは、商社やメーカーなどで働く営業職の一種であり、既存顧客に対して商品やサービスのセールスを行う仕事です。

顧客との間に信頼関係を築き上げ、適切なタイミングで新商品や新サービスを提案することによって、その顧客とより強い取引関係を築くことを目指します。

大手企業では大卒の学歴が求められることがありますが、さまざまな勉強をしてきた人がルートセールスとして活躍しています。

平均年収は400万円程度と営業職のなかではやや低めといわれますが、会社によって幅があります。

就職先の選択肢が広く、なかには納品や配送業務を中心としたルーティンワーク中心の職場もあるため、キャリアアップを目指すのであれば、扱う商材のニーズや将来性を見極めながら、少しでも提案力や交渉力などを磨いていける環境で働くことを考えるとよいでしょう。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

海外営業

メーカーなどの企業で、海外のクライアント企業や販売代理店とやりとりをする営業職。

海外営業は、メーカーなどの企業において、海外の企業を顧客とし、その企業や販売代理店とやりとりをする営業職のことをいいます。

具体的な仕事内容としては、日々の担当顧客との商談をはじめ、市場調査やマーケティング、営業戦略の立案、現地のパートナー企業の開拓、クレーム対応、契約関連などが挙げられます。

新卒や未経験者の場合、国内営業などの仕事でビジネス経験を積み、能力や適性が認められて海外営業へ異動となることも多いようです。

高い英語力が必要となり、TOEICのスコアは700点以上、できれば800点以上あると評価されることが多いようです。

グローバル化が進み、国内市場が縮小傾向にあるといわれるなか、大手から中小企業まで海外市場へ進出する企業は増えており、海外営業の需要はさらに大きくなっていくものと考えられます。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

代理店営業

保険会社やメーカーなどに勤務し、代理店の新規開拓やサポートに携わる。

代理店営業とは、自社(メーカーなど)の商品・サービスを、自社に変わって顧客に販売(仲介)する「代理店」の新規開拓や、取引に関するやり取りを担当する職種です。

おもに保険業界やIT業界、メーカーなどに勤務し、新たに代理店契約を結ぶための営業活動をおこなったり、既存の得意先に対して情報提供やコンサルティングなどを担当します。

代理店営業にとっての直接的な顧客は代理店になるため、商材知識に加えて、代理店と信頼関係を築く力や、代理店が抱える課題を見つけるためのヒアリング力、サポート力などが幅広く求められます。

代理店の売上が上がれば、担当者と一緒に喜びを分かち合うことができ、代理店営業も高く評価されます。

人材コーディネーター

人材派遣会社や人材紹介会社に勤務し、人を求める企業と仕事を求める求職者をつなげる仕事。

人材コーディネーターとは、おもに人材派遣会社や人材紹介会社などの人材サービス会社に勤務し、「クライアント企業」と「求職者」を結びつける業務に携わる人のことです。

「こういう人材(働き手)がほしい」と考えているクライアント企業と、「こういう条件や内容の仕事がしたい」と考える求職者の間に立って、それぞれの要望をヒアリングしたうえで、双方にとってメリットのあるマッチングを行います。

加えて、双方に対する条件交渉や折衝、求職者のキャリアカウンセリング、マッチング後のアフターフォローをすることもあります。

人材コーディネーターになるために必須の学歴はありませんが、大学卒業後、人材サービス会社へ就職する人が多いです。

また、国家資格「キャリアコンサルタント」を取得すると、実務に生かせることがあります。

求職者一人ひとりのキャリアに対する考え方をしっかりと引き出し、適材適所へのマッチングを実現できる力を持った人材コーディネーターが求められています。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

スーパーバイザー

小売店、飲食店、コールセンターなどで、現場の監督・管理やスタッフの統括を担当する。

スーパーバイザーは、スーパーやコンビニエンスストアなどの小売店、飲食店、コールセンターなどにおいて、事業を成功させるために監督・管理やスタッフの統括などを行う仕事です。

小売店では複数の担当店舗を巡回し、売上や商品構成、在庫管理、スタッフ教育といった店舗運営のあらゆる面に関して指導を行い、本部(本社)の連絡事項を店舗に伝えます。

コールセンターでは、オペレーターへの業務指導や研修、フォローアップなどをおもに担当します。

なるために特別な資格などは求められませんが、現場を経験してから店長やリーダーに昇格し、その後、能力や適性が認められるとスーパーバイザーになるケースが一般的です。

会社の売上や利益を左右する重要なポジションであるため、能力のあるスーパーバイザーはよい待遇の下に活躍することができます。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

カスタマーサポート

メーカーなどの企業において、顧客からの商品や企業に対する問い合わせに応じる仕事。

カスタマーサポートは、メーカーやIT企業、保険会社などさまざまな企業において、電話やメール、チャットなどを用いて、顧客からの問い合わせに対応する仕事です。

企業の「窓口」であると同時に、企業の「顔」として活躍します。

問い合わせ内容は商品やサービスの使用方法から、クレームや苦情、また会社そのものに対する意見・提案などもあります。

学歴はさほど問われず、未経験からスタートする人も多いとされています。

平均年収は300万円~400万円程度がボリュームゾーンとされていますが、「スーパーバイザー(SV)」などマネジメントを担う役職者になると、平均年収も上がる傾向にあります。

顧客を支える、昔から変わらず需要のある仕事ですが、AI(人工知能)の登場によって、今後は人間にしかできないサービスを提供するために、専門知識や高いコミュニケーション能力を持つ人材が必要とされる機会がより増えるかもしれません。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

事務系

企業や団体などの組織で、資料作成や電話応対、データ収集などの事務業務全般を担当します。 営業など他のスタッフが働きやすいよう、アシスタント的な活躍も期待されます。 さまざまな組織で求められるポジションで、高い事務処理能力を備えている人は重宝されます。

一般事務

企業や団体などの組織で、資料作成、電話・来客応対、データ収集といった事務作業を行う。

一般事務とは、民間企業や官公庁、団体といったさまざまな組織で事務作業全般を担当する職種です。

具体的な業務内容は、資料や契約書の作成、郵便物の仕分け、ファイリング、メールやFAX送信、電話・来客応対など多岐にわたります。

正社員のほか、派遣社員や契約社員、パート・アルバイトなど多様な雇用形態で働く人がいます。

平均年収は300万円前後がボリュームゾーンとされ、やや低めの水準です。

しかし、語学力など高度なスキルがあったり専門性が求められる職場で働いたりする場合には、よい待遇で働けることがあります。

一般事務は大企業から小規模の組織まで、さまざまな場で活躍しており、勤務先の選択肢は非常に多いものの、ルーティンワークが中心になりがちです。

一般事務としてキャリアアップや収入アップを目指すのであれば、自身のライフプランやキャリアパスに関して、よく考えておく必要があるでしょう。

仕事内容

給料・年収

なるには

就職・転職

働き方

営業事務

企業で働く営業担当者のサポート役として、納品管理や見積書作成、各種事務業務を行う。

営業事務は、メーカー、IT、商社、金融といった企業において、主に営業担当者のサポート役となる仕事です。

具体的には、お客さまからの電話・メール応対、請求書や資料作成などの事務作業を担当しますが、そのほか商品の受発注・管理、在庫や納期管理などにも携わったり、お客さまに対する簡単な商品説明など、営業アシスタント的な役割まで担うこともあります。

学歴はあまり問われず、未経験者を受け入れる企業も多いですが、Word、ExcelをはじめとするPCスキルがある人が歓迎されやすいでしょう。

平均年収は200万円〜400万円がボリュームゾーンとされており、がんばり次第で収入を上げやすい営業職に比べると、給与水準はそこまで高くありません。

最近は正社員以外の雇用形態での採用も増えているため、この仕事で長く活躍していきたいのであれば、スキルアップをして「事務のスペシャリスト」を目指す必要があるでしょう。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

受付

企業や組織の「顔」として活躍。来訪者をもてなし、担当者へ取り次いで、案内する。

受付は、企業やショールーム、あるいは病院、フィットネスクラブなどの各種施設において、来訪者をもてなし、案内する仕事です。

具体的な業務内容は職場によって異なりますが、おもに代表電話の取り次ぎや担当者の呼び出し、会議室の予約、予約確認、入会手続きなどを行います。

勤務先の「顔」となり、お客さまを気持ちよく迎える姿勢が求められます。

受付になるにあたって、絶対に必要とされる学歴や資格などはありません。

企業の受付になる場合、とくに未経験者や新卒者はまず「総務部」や「管理部」などに配属され、そのなかから本人の希望や適性などを考慮して受付に配属されるケースが多くなっています。

基本的に、若手の活躍が目立つ職業ですが、キャリアを積んでいくことによって、「秘書」など別の職種へステップアップすることも可能です。

高いホスピタリティ精神とビジネスマナーを身につければ、その先の道も開けていくでしょう。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

企画系

新規事業や新商品・新サービスなど、企業が何か新しいことを始めようとするときの企画面に携わる仕事です。 市場調査やトレンド分析を行い、データを生かしながら、実現可能なプランに落とし込んでいきます。

経営企画

企業の中長期計画や経営計画を立て、進捗管理を行いながら、経営を支える仕事。

企業の先導役である経営企画。経営計画の立案・管理から、新分野進出、業務提携、M&Aなどの重要案件に取り組む一方、会議の資料作成などの雑務もこなします。

経営企画に抜擢されるには、種々の高度なスキルや経営知識、実務経験が不可欠なので、大半の経営企画志望者は、大学の経済学部、経営学部などで経営について学んだり、経営関連の資格などを取り、スキルの基礎や知識を得ます。

こうして築いた土台の上に実務経験を重ねてから、経営企画職に就くことになります。

なるまでのハードルが高く、専門知識が問われる仕事だけに年収も高い傾向にあります。

近年はITシステムの導入によって、経営戦略立案にかけられる時間が増えているといいます。

今後は、企業の海外進出の増加によって、グローバルに活躍する機会も増えていくことでしょう。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

商品企画

「売れる」新商品を開発するためにマーケティングや市場調査を行い、アイデアを形にする。

商品企画とは、メーカーなどにおいて、新商品を開発するためのアイデアを形にしていく仕事に携わる人のことです。

具体的な仕事内容は、リサーチやマーケティング、商品コンセプト作成、予算案の作成、経営陣へのプレゼン、開発部門との調整など多岐にわたります。

「どのような商品を作るのか」をゼロの状態から考えて、具体的な計画を立てていく、重要な役割を担います。

商品企画として働くには、各企業の社員採用試験を受けて、商品企画部へ配属されるのを目指します。

ただし、この仕事では、業界に関する専門知識や市場ニーズの理解などが求められることから、営業や販売など別の部門で経験を積んでから商品企画部門に配属されることも少なくありません。

収入面に関しては比較的恵まれており、自身の感性やアイデアを生かせる職種として人気もあります。

商品企画としてヒット商品を多数手がけ、順調にキャリアを重ねていくと、管理職や経営陣へ昇進していく人もいます。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

広告宣伝

自社商品やサービス、ブランドの認知度を高めるために、各メディアに広告を出稿する。

広告宣伝は、企業の商品やサービスについての効果的な広告を出稿し、売上げや企業イメージを高める役割を担っています。

マーケティングに始まり、企画立案、制作、出稿、効果の評価までを行います。広告宣伝の仕事に就くには、メーカーなどの企業に入社し、広告宣伝部門への配属を希望していきます。

または当初から広告代理店に入社することで、広告のさまざまな段階の業務にあたることができます。

広告宣伝職の平均年収はクリエイティブ職の中では比較的高く、40代以上では1千万円以上の高収入を得ている人も珍しくありません。

しかし年代や雇用形態、事業規模によって収入は大きく異なります。

ウェブ広告が重要性を増している中で、既存の4大メディアだけでなく、インターネット上での広告セオリーにも通じた人材の活躍の場が広がっていくことが予想されます。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

マーケティング

市場調査やトレンド分析を行い、製品やサービスの「売れる仕組み」を考える仕事。

マーケティングとは、市場調査やトレンド分析を行い、製品やサービスの売れる仕組みを考えていく仕事です。

メーカーやWeb系企業、広告代理店など、さまざまな企業を中心に活躍しており、マーケティングの仕事をする人は、一般的に「マーケター」あるいは「マーケティング職」などと呼ばれます。

どの企業にとっても、マーケティングは自社が取り扱う製品やサービスの売上や利益にも大きな影響をおよぼす重要なポジションであり、「花形」といわれることも多いです。

営業や広報、商品企画など、別の部門と連携してマーケティング活動を行っていくことも多く、広く物事を見る力や多様なビジネスのスキルが求められます。

現代では、インターネットを使った「デジタルマーケティング」が主流になっており、デジタルマーケティングに強い人材や、マーケティング全般をコントロールできる人材の需要が拡大しています。

マーケターとして確実にスキルアップして成果を出していけば優秀な人材とみなされ、よい待遇で雇用されたり、海外を含めた多様な場で活躍できるチャンスが増えていくでしょう。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

マーチャンダイザー

アパレルや流通・小売業界において、商品開発、販売計画、予算管理を専門的に行う仕事。

マーチャンダイザーは、アパレルや流通・小売業界において、商品開発や販売計画、予算管理などを行う職種です。

マーチャンダイジング(merchandising)は日本語で「商品化計画」や「商品政策」という意味で、マーチャンダイザーは略して「MD」と呼ばれることもよくあります。

消費者のニーズを捉えながら「売れる商品は何か?」ということを考え、商品の開発計画などを立て、商品を売り場に並べるまでの計画をトータルに決定、管理する責任者として活躍します。

アパレルメーカーや百貨店、スーパーマーケットなどがおもな活躍の場となりますが、新卒や未経験者が最初からマーチャンダイザーとして働けることはほとんどありません。

まずは、営業やバイヤー、デザイナーやパタンナーといった別職種で経験を積んでから、実力や適性が認められてマーチャンダイザーに任命されるケースが一般的です。

実力がある人は一流ブランドに携わったり、外資系企業にヘッドハンティングされたりすることもあります。

企業の売上アップのために欠かせない職種であり、将来性も安定しています。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

販売促進

「商品・サービスをより効果的に売るにはどうすればよいのか?」を考え、仕掛けていく。

販売促進の仕事は、新商品の発売に伴うキャンペーンやイベントを企画したり特典やノベルティをつけたりすることで、一人でも多くの消費者に自社の商品を手に取ってもらえるよう仕掛けていくことです。

企画力はもちろんのこと、データの収集・分析が必須なので、マーケティングの知識がなければ務まらない仕事です。

昨今ではインターネットやSNSの普及により商品をPRするための選択肢が増えたことや、多様なキャンペーンやイベントが展開されるようになったことから、販売促進に力を入れる企業も増えています。

これからの時代に、さらなる活躍が期待される存在といえるでしょう。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

事業開発

事業の拡大や他企業との業務提携、M&Aなどを専門的に担当する

事業開発とは、一言で言えば事業未満の段階のものを事業のレベルにまで持っていく役割を担う仕事です。

そもそも「事業」とは、企業においては営利目的で行われる活動全般を指す言葉です。

事業開発の具体的な仕事内容としては、以下のようなものが挙げられます。

・新規事業の開発
・既存事業の改善・拡大
・ほかの企業との業務提携や資本提携
・M&A

たとえばベンチャー企業や成長期の企業における事業開発なら、既存事業とはあまり関係のない新しい分野での事業開発に携わることが多いでしょう。

一方、大企業や成熟期の企業における事業開発では、すでに一定の成果を上げている既存事業の改善や再構築などを任されることもあります。

近年、少子高齢化によってあらゆる業界の市場規模が縮小しているなか、生き残りをかけて商品・サービスの多角化や海外進出などの戦略を取る企業が増えてきました。

そのような状況を受け、新規事業の企画や既存事業の改善などを専門的に担当する事業開発へのニーズが高まっています。

なお事業開発の仕事は登場して間もないこともあり明確な定義が存在せず、業務領域や求める人材要件などは各企業でさまざまです。

バックオフィス系

企業・団体の人事評価や労務管理、給与計算、広報活動など、管理面に携わる仕事です。 外からは目立たない仕事も多いですが、いかなる組織においても必要とされ、経営を支えていく重要なポジションとなります。

人事

採用、評価、教育、労務管理など、組織に不可欠な「ヒト」にまつわる仕事をする。

人事は、主に企業の人事部や総務部において、「人材」に関わる仕事を行っています。

組織運営を行う際に必要なリソースとして、しばしば「ヒト・モノ・カネ」が3大要素として語られますが、このうち「ヒト」に深く関わっていくのが人事の役目です。

具体的には、人材の採用や評価、研修・教育、昇進・昇格、労務管理などを行うことで、組織を活性化させ、企業経営を裏方として支えます。

業務領域が多岐にわたることから、対象となる従業員数の多い大手企業では「採用担当」「労務担当」といった形で分業しています。

小さな組織では一人が複数の領域の業務を担当したり、ベンチャー企業などでは経営者自らが人事に関わっていたりすることもよくあります。

平均年収は450万円程度ですが、管理職にまで昇進してマネジメントに携わるようになると、年収1000万円以上を得ている人もいます。

あらゆる業界の企業が活躍の場となりうるものの、人事に限った求人はそこまで多くありません。

経験を積み、ビジネスや経営戦略に関する知識まで身につけると、より活躍の幅が広がります。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

総務

企業や団体の従業員が働きやすい制度・環境づくりに取り組み、組織運営を裏方で支える。

総務は、企業などの組織において、従業員が働きやすい環境を整え、業務を円滑に進められる職場づくりに取り組む職種です。

組織で使用する備品・機器の調達やオフィス建物の管理、福利厚生制度の整備、社内制度の改善・推進、来客対応、会社のイベント企画・運営など、業務内容は多岐にわたります。

決して華やかな存在ではありませんが、縁の下の力持ちとして、あらゆる組織に欠かせない職種です。

民間企業の場合、大手では「総合職」として一括採用された中から会社の状況や本人の能力・希望・適性等によって総務部に配属される流れが一般的です。

小さな組織では総務と他職種の業務を兼任している人もいます。

平均年収は400万円前後がボリュームゾーンとされており、そこまで高額な収入は得にくい仕事です。

一方で管理職となったり、専門性が必要とされる業務をこなせる知識・スキルを身につけたりすると、良い待遇で働けることもあります。

総務はあらゆる組織にとって不可欠な職種であり、引き続き安定した需要が期待できます。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

経理

決算書作成、給与計算、経費精算、税理士との折衝など、企業経営の数字面を担当する。

経理とは、会社のお金を管理する仕事です。

経理の仕事は毎月、給与計算や月次決算書の作成などをこなし、さらに半年や1年ごとに決算を行うのが一般的です。

ほかにも、企業における金銭的な数値を管理することで経営上の課題を見つけ出し、企業の発展に貢献する重要な役割も担っています。

経理職に就くには、新卒の場合は学歴や特別な資格は問われませんが、中途採用の場合はほとんどの企業が経験者または簿記検定2級以上の資格保有者を求めています。

平均年収は400〜450万円ほどだといわれていて、一般事務より若干高めですが、会社の規模や職務内容、キャリアによって大きく差が生じるようです。

経理の仕事は、基本的にはどのような規模の会社でも行われており、必須の職種なので、人材としてのニーズが高いのが経理の特徴です。

一方で近年は、社内に経理職を常駐させる企業が減ってきているのが現状です。

これから先は一般企業だけではなく、経理業務のアウトソーシングを請け負う企業への就職も視野に入れた方が就職のチャンスが広がるでしょう。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

法務

企業が事業を展開する際に必要な、法律にまつわる仕事を担う法律のプロフェッショナル。

法務は、契約書の作成や著作権の管理、訴訟や裁判といったトラブル処理など、企業や公的な機関などの組織におけるさまざまな法的業務を手掛ける仕事です

主な仕事としては、契約書の作成や著作権の管理、消費者や取引先とのトラブルの仲介、コンプライアンス(法令遵守)の体制作りなどがあります。

法律に関する豊富な知識が必要であり、論理的な思考力や高いコミュニケーション能力が求められる仕事でもあります。

大手や外資系企業では、法務が非常に重要視され、法務部に多くのスタッフを配置しているケースが目立つ一方、中小企業の場合、法務部は数人程度でほかの部の一セクションになっていることもあります。

法務の給料はほかの職種と大きな差はありませんが、専門性を評価する外資系企業においては高収入となることが多くあります。

近年ではインターネットの発展に伴い、企業の内情や消費者対応について情報を拡散されることが大きなトラブルにつながるケースが急増しています。

法務スタッフは、これからの時代さらに社会的に重要な役割を果たすと考えられます。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

知財

「特許権」「実用新案権」「商標権」「著作権」など、知的財産のプロフェッショナル。

知財とは、「特許権」「実用新案権」「商標権」「著作権」といった「知的財産」のプロフェッショナルであり、自社の発明や製品をそうした知的財産として権利化し、法律と照らし合わせながらさまざまな手続きを行う仕事です。

おもに製造業を中心とする企業の「知財部」で活躍していますが、新しい人材の募集はさほど多くありません。なお、この仕事に就くには基本的に大卒以上の学歴が必要になり、業務では技術への理解が求められることから、理工系出身者のほうが有利だとされています。

知財が事業戦略や研究戦略に関する意見を述べることもあり、会社の方向性を決める重要な役割を担うことができる仕事です。

また、近年は海外での特許関連業務が増えていることから、高い英語力を持つ人は評価されるケースが増えているようです。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

広報

自社そのものや商品・サービスの認知度向上のために、必要な情報を広く世の中に発信する。

広報は、一般企業などの組織において、自社そのものや自社商品・サービスの認知度とブランドイメージを高めるために、それらに関する情報を発信する仕事です。

具体的な仕事内容は、テレビ・雑誌などのメディア対応、報道関係者向けのプレスリリース作成、会社案内やコーポレートサイト制作、株主対応、社員向けの情報発信など多岐に渡ります。

また不祥事などのトラブルが起きた際にも対応します。

一般企業を中心に、あらゆる業界で必要とされている職種であるものの、広報職としての求人はさほど多くありません。

とくに新卒の場合は一括採用された中から会社の状況や本人の希望、適性などによって配属されるケースが大半です。

上場企業など大手の場合は、大卒以上の学歴が求められることもありますが、特別必要とされる資格はありません。

なお即戦力になれる人は歓迎されやすく、広報の実務経験があると転職時には有利になるでしょう。

近年は、以前にも増して広報に力を入れる企業が増えており、実力ある人の存在価値は今後さらに高まっていくものと思われます。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

IR

企業活動を支える投資家や株主に対して、経営や財務状況などの情報を提供する。

IR(Investor Relations、IR)は投資家や株主に対して、自社の経営方針や企業理念を紹介する、質疑に答えるなどの活動を行うとともに、報告書を作成し、投資家や株主に公表する役割を担っています。

IRには資格や免許があるわけではなく、財務や広報、経営企画などの職種で社会経験を積み、経営にかかわる理解を深めた人がキャリアアップして就くことがほとんどです。

IRに昇格した場合、給料がぐんと上がるのが一般的。上場企業で数年間の実務経験を経て、IR担当者として働いた場合の平均年収は400~800万円が相場だといわれ、年齢や経験を経るほど年収もアップしていきます。

今後、日本においてもIR活動の重要性がもっと認識されれば、企業が専任のIR担当者を置くようになり、働きやすさや仕事の進めやすさも変わっていきます。

優秀な人材であれば、年収も現在よりアップしていくでしょう。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

購買

企業活動にとって必要なあらゆる「もの」を購入する職種。

購買は、製造業などの企業を中心に活躍し、原材料などの生産に必要なあらゆる「もの」を関連業者から購入する仕事です。

質の高い原材料を安定的に、そして少しでも安く仕入れるプロフェッショナルとして活躍します。

ものづくりを行う企業において、製造コストを削減し、また安定して生産を続けていくために、購買は非常に重要な役割を果たします。

なお、企業によっては、原材料以外にも自社で使用する「備品」や「消耗品」、さらには外部の「協力業者(パートナー)」の選定や購入に携わることもあります。

購買になるために必須の資格はありませんが、大手企業では「大卒以上」の学歴をもつ人が中心に採用されています。

ただし、購買職はそこまで採用人数が多くない場合が多く、未経験者がいきなり購買部門に配属されるとは限りません。

まずは営業など別の仕事を経験し、経験を積む中で希望や能力などが認められると購買部門へ異動となることも多いです。

内部監査

企業の業務効率化や不正・不祥事の防止などのために、業務や会計の監査をする仕事。

内部監査とは、企業において、業務効率化や不正・不祥事の防止、ガバナンス強化などのために、業務や会計の監査(監督し検査すること)を担当する仕事です。

企業全体を見渡す必要があると同時に、会社法やSOX法といった法律、また経理や財務などの専門知識も求められます。

内部監査担当に求められるのは「第三者」としての立場であり、その企業に属しながらも、客観的な視点で経営状況や事業の進め方などを評価していきます。

そのため、ある程度ビジネスの現場で社会人としての経験を積んでいる人や、ビジネスマンとしての十分な知識や経験を持っている人が、内部監査部門へ配置されることが多くなっています。

給与水準はやや高めとなっており、「公認会計士」や「公認内部監査人(CIA)」などの専門資格を取得し、スキルを磨いていくと、年収1000万円以上を得ることも可能になるでしょう。

最近の内部監査には、社内の不正や問題点を見つけ出すというだけでなく、業務効率化のための提案や、経営面のサポートといった役割が期待されることも増えてきています。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

システム・生産系

企業の情報システムに関する幅広いサポートを行ったり、おもに製造業の企業で、生産工程の管理や製品の品質を確認する仕事です。 技術に関する専門的な知識を持ち、企業が安定してものづくりを行い、円滑な事業運営ができるようにします。

研究開発

メーカーなどで製品開発のための基礎研究や応用研究を行う研究者。

研究開発とは、主に製造業の企業(メーカー)に所属して、製品実用化のベースとなる基礎研究や応用研究を行う仕事です。

医薬品系、食品系、化粧品系、化学系など、さまざまなメーカーで活躍でき、原料や成分を分析したり、試作品を作成したり、各種実験・検査を繰り返したりしながら、ものづくりにつながる研究を進めていきます。

多くのメーカーにおいて、研究開発職は大学もしくは大学院で理系分野を専門的に学んできた人材が求められており、とくに大手メーカーは博士号を取得している人も多いです。

特別な資格は必要ないものの、就職試験においては、学生時代に学んだ内容や研究実績とのマッチングが重視されるため、学校選びは慎重に行ったほうがよいでしょう。

メーカーにおいて、研究開発職は新商品を生み出したり、新しい技術を駆使してモノづくりを行ったりするのに不可欠な存在です。

高度な専門性が問われる仕事でもあることから、給与水準もやや高めで、安定した待遇で働ける場合が多いです。

情報システム(社内SE)

自社のIT戦略を策定し、情報システムの構築・運用・保守やITに関するサポートをする。

社内SEの仕事には、自社内で使用する情報システムなどについて、IT戦略の策定やシステム企画、設計、運用・保守、ユーザサポートまで幅広い業務が含まれます。

社内SEになるには、企業の情報システム部門などで採用されることが必要です。

一方社内SEの求人数は少なく、人気のある職種のため、技術スキルだけでなく、コミュニケーション力やベンダー調整力、システムに関係する業務知識などを高めておくことが重要です。

社内SEの給与は、一般的に年収は300~700万円程度となっています。

一方、IT戦略やシステム企画といた上流工程を担えるだけの技術やマネジメントスキルをもつ場合は高収入を得ることも可能です。

企業のIT化は、あらゆる規模あらゆる業種で進んでいるため、社内SEが活躍できる場もますます広がるでしょう。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

生産管理

ものづくりを行う企業で、製品の生産から出荷にいたるまでの体制を考え、管理する仕事。

生産管理は、製造業など「ものづくり」を行う企業において、販売計画に基づいて、製品の生産から出荷にいたるまでの体制を考え、管理する仕事です。

会社の利益を確保する重要な役目を担っている需要ある仕事で、さまざまなメーカーを中心に活躍することができます。

学校卒業後、最初から生産管理部門に配属されて働く人もいますが、なかには工場での製造経験を積んでから生産管理になる人、また設計の仕事から生産管理になるような人もいます。

生産管理は、ものづくりの全体像を見なくてはならない職種であるため、ある程度の経験を積んだ人が、この仕事に就くこともあるようです。

生産管理の平均年収は、400万円~500万円程度がボリュームゾーンとなっているとされ、一般的な会社員の平均年収と大きく変わるものではありません。

近年は生産管理の仕事でもシステムなどITの導入が進んできており、ITを適切に扱うスキル、さらに生産拠点を海外へ移す企業も増えていることから、高い語学力があるとさらに活躍できるでしょう。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

生産技術

おもに製造業において、製品や部品を効率的に量産するための生産体制を築く仕事。

「生産技術」とは職種のひとつであり、おもに製造業において、製品や部品を効率的に量産するための生産体制を築く仕事です。

「生産ライン」と呼ばれる、材料から製品が完成するまでの一連の流れの設計や管理を担当し、製品の品質を保ちつつ、コストを下げ、さらに短期間で量産できるような生産体制を築き上げます。

生産技術の働き次第で企業の事業収益は大きく左右されるため、非常に重要な職種といえます。

メーカーの「生産技術職」や、「技術職」、「技術系総合職」として募集され、理系の仕事であるため「化学系」「機械工学系」「電気工学系」などの大学・学部で学んでいる有利でしょう。

年収は300万円~500万円がボリュームゾーンとされています。

経験を積むことで、生産管理や技術管理といった別のポジションや、責任者や管理者などマネジメントの道に進み、収入をアップさせることができます。

設計に関する知識と、製造コストや調達といった経営的な考え方の両方を求められる立場であり、優秀な生産技術はどのメーカーでも必要とされています。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

品質管理

おもに製造業において、生産する製品の品質を管理し、不良品を出さないようにする仕事。

品質管理は、おもに製造業において、生産する製品の品質を管理する仕事です。

不良品の発生を限りなくゼロに近づけ、安定的に同じ品質のものを作り出していくために、製造工程の立案や改善、生産計画の検討、製造スタッフの教育といった業務を担当します。

品質を守ることは、私たち消費者の安全・安心を守るということでもあります。

品質管理は「製造工程の最後の砦」と呼ばれるほど重要な役割を担っており、自社製品の品質を守るという責任感をもって働きます。

大手メーカーの新卒採用では、たいてい「大卒以上」の学歴が求められ、理系学部出身者が活躍できます。

平均年収は400万円~700万円程度とされていますが、会社の規模や経験によっても給料に差が出るほか、マネージャーや部長といった管理職に昇進することで大幅な収入アップになることもあります。

会社によっては海外向けの商品の製造を行っており、幅広い専門スキルが身につきます。また「ものづくりの要」となって活躍できる職種であるため、さまざまな方面へのキャリアアップが期待できます。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

品質保証

製造業などの企業で、生み出す製品やサービスの質を確認し、それらを保証する仕事。

品質保証とは一般に、メーカーなどの企業において、製品やサービスの質を確認し、それらを保証する仕事です。

その企業が製造する製品やサービスが、定められた品質を満たしているのかどうか検査や評価を行い、不具合や問題点が見つかれば改善点を探ります。

大手メーカーでは大卒以上の学歴が求められることが多く、学部は理学系、化学系、機械工学系、電気電子系などが有利になるでしょう。

平均年収は400万円~700万円程度とされますが、管理職になったり、転職をして収入アップを実現させている人もいます。

製品の品質を守っていく品質保証は、ものづくりを行う企業にとって不可欠かつ重要なポジションとして位置付けられています。

また、海外に生産拠点を置く企業であれば、グローバルに仕事をしていくこともできます。

仕事内容

なるには

給料・年収

就職・転職

製造・ものづくり系

半導体設計

あらゆる電子機器に組み込まれている半導体集積回路を設計する

半導体設計とは「半導体集積回路」を設計する仕事です。

そもそも「半導体」とは物質の名前であり、電気を通す「導体」と電気をまったく通さない「絶縁体」の中間の性質を持つものです。

このように本来はある物質を示す言葉ですが、現在一般的に半導体というと「半導体集積回路」のことを指します。

半導体集積回路(以下、半導体)は機器のなかでも中心的な役割を担い、私たちの身近にあるさまざまな製品で使われています。

たとえばエアコンの温度調節を行う温度センサーや、パソコンを動かすCPUも半導体です。

そのほかスマートフォン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、LED電球などにも半導体は欠かない存在です。

またモノだけではなく、電車の運行や銀行ATM、電気・ガス・水道などのインフラ制御にも使われており、現代の生活は半導体なしには成り立たないといえるでしょう。

今後もあらゆる機器が高度化するなかで、半導体設計の需要はますます高まっていくと予想されています。

ただし業界全体的に人手不足の傾向があり、新卒・中途問わずに採用活動は活発に行われている状況です。

業務には電気・電子系の知識が必須となりますが、近年は人手不足の事情から「知識不問」で採用を行う企業も一部出てきています。

制御設計

さまざまな機械製品が仕様どおりに動くよう制御システムの開発を行う

制御設計とは、さまざまな機械製品が仕様どおりに動くよう制御システムの開発を行う仕事です。

私たちの生活は家電や自動車など多種多様な機械製品によって支えられていますが、それらを動作するには「制御」の仕組みが必要になります。

これについて、全自動洗濯機を例に考えてみましょう。

全自動洗濯機は「注水」「洗濯」「すすぎ」「脱水」「乾燥」といった工程をボタン一つで行えますが、これは洗濯機内部に制御システムが備わっているためです。

洗濯機に組み込まれた制御用コンピューターが、「ある作業が完了したら次の作業を行う」というように決められた手順を正確に実行しています。

仮に制御システムに問題があれば、水が際限なく注がれたり、洗濯槽がいつまでも回り続けたりしてしまうでしょう。

このように制御システムはあらゆる機械製品にとってなくてはならない役割を果たしており、その開発・設計を行うのが制御設計者の役割です。

IoT技術が注目されている現在において制御設計エンジニアに対するニーズは高く、その需要は今後さらに高まっていくと予想されています。

プラントエンジニア

製品製造を行う工場設備の設計や建設、メンテナンスに携わる仕事

プラントエンジニアとは、原材料や製品の製造を行うプラント(工場設備)の設計や建設、メンテナンスなどを行う人のことです。

プラントにはさまざまな種類があり、たとえば火力・水力発電を行う「発電プラント」、医薬品やプラスチック生産を行う「産業プラント」、下水処理や海水の淡水化を行う「水処理プラント」などがあります。

これらの設備においてプラントエンジニアは、新しいプラントの建設や稼働中のプラントの維持管理などに携わります。

プラントはいずれも大規模な施設であるため、一人のプラントエンジニアがすべての工程を任されるわけではありません。

機械・科学・土木・電気などあらゆる分野に精通したプラントエンジニアが存在し、そうした人たちと協力しながら仕事を進めていきます。

近年は海外でのプラント需要が伸びているため、「グローバルに活躍したい」と考える人にもおすすめの職業といえるでしょう。

なおプラントエンジニアは専門知識が必要な仕事であることから、基本的には「大学の理工学部」もしくは「機械系の高等専門学校」を卒業していることが応募の前提条件となっています。

ロボットエンジニア

ロボットの開発・設計を行い、人々の生活を豊かにする

ロボットエンジニアとはロボットの開発・設計を行うエンジニアのことです。

「ロボット」と聞くと漫画やアニメのキャラクターが思い浮かぶかもしれませんが、ロボットエンジニアが製作しているロボットは、すでに私たちの生活のさまざまな場所で働いています。

たとえば自動車メーカーや食品メーカーでは、多くの産業用ロボットが工場内で稼働し自動車や食品を作っています。

また高齢者の移動を補助する介護ロボットや、医師の手術支援を行う医療ロボットなども今や社会にとって欠かせない存在です。

このように、現代社会のあらゆる場面でロボットは必須なものとなっており、ロボットエンジニアは人々の生活を豊かにする重要な職業といえるでしょう。

ロボットエンジニアになるには電気工学や電子工学、機械工学などに関する高い専門知識が求められるため、まずは工学系・工業系の専門学校や大学に進学して知識を身につけるのが一般的です。

少子高齢化の問題を抱える日本では幅広い業界で人手不足が問題となっています。

深刻化する人手不足を解決する手段としてロボット需要は加速度的に増えていくことが予想されています。

マシンオペレーターとは、製造現場や工場、建築現場などで機械の操作・管理をする仕事で「機械オペレータ―」「機械操作」とも呼ばれます。

ただマシン(機械)を操作するだけでなく、加工する素材の準備や実際の加工、それぞれの機械の調整や管理、完成した製品の品質管理など、製造には欠かせない仕事です。

ここでいう「マシン」とは、主に据付型の大型製造機械のことを指し、「オペレータ―」とは操作する人という意味です。

近年の工場では製造工程のほとんどが機械化されています。

マシンオペレータ―は機械に適切な指示を出し、的確に製造を行う役割があります。

操作は、ただセットを確認しボタンを押すだけといった簡単なものから、機械の動きを絶妙にコントロールしたり、複雑な加工をしたりと実にさまざまです。

また、毎日プログラムで製造をすることもあれば、製造する製品によって機械の設定を変えたり、違う機械を扱ったりすることもあります。

職場によっては、原材料の搬入や製品の搬出、機械のメンテナンスなどの仕事も行います。

基本的には同じ仕事、同じ機械を担当することが多いですが、ノルマが決められていたり、
1日に加工できる量が物理的に決まっていたりすることも多いため、効率的に働かなくてはなりません。

工場作業員

製造業などの現場でさまざまな作業を行う

工場作業員は、主に製造業などのメーカーが保有する工場で働く人のことです。

工場内の作業はいくつかありますが、主な仕事としては「ライン作業」があげられます。

生産ラインの工程ごとに作業員がおかれ、ベルトコンベアで運ばれて来るものに対して、切り取りや溶接、塗装、組み立てなど決められた作業を行います。

単に「工場作業員」と呼ぶ場合はこのライン作業をする人のことを指すのが一般的です。

作業内容は作業員ごとに割り振られており、細かな作業ではあるものの業務内容はシンプルであるため、未経験からでもはじめられるものばかりです。

そのほか、「ピッキング」とよばれる伝票や指示書をもとに、工場内で指定されたものを取り出す作業や、「検品」という製品に不備はないかをチェックする仕事もあります。

さらに、つくられたものや工程を管理する「生産・工程管理」という仕事もあり、これは工場内の作業員をまとめるリーダー役でもあります。

工場作業員の仕事の特徴としては人とコミュニケーションをとることが少なく、同じ仕事を黙々とこなすことが求められます。

給料はアルバイトや派遣社員などのように日給制をとっていることが多く、工場によっては一日に1万円以上稼ぐことができるところもあります。

経営系

企業経営を担い、経営事項に関するあらゆる決定や判断を行っていく仕事です。 会社として目指すところを考え、そこに向けてどのような事業を展開するのか、どれくらいの人材を採用するのかなど、中長期的なビジネスプランを検討して社内や関係者に伝えます。

役員

会社法上で、「取締役」「監査役」「会計参与」のいずれかの肩書きを持つ人のこと。

役員とは、会社法第329条において「取締役」「監査役」「会計参与」の3種類の肩書きをもつ人のことを意味します。

このうち、役員の代表格である取締役は、会社の経営方針を考え、決定していくことをおもな役割とします。

また、監査役は、取締役と会計参与の業務を監査する人、会計参与は、取締役と共同で株式会社の計算書類等を作成する人のことです。

一般の社員から役員へと出世できるのは、通常、現場での経験や実績を十分に積み、実力が認められた人です。

役員の給料は「役員報酬」という名称で、上場企業になると億単位にものぼりますが、中小企業では一般会社員の平均年収とさほど変わらないこともあります。

役員は会社経営における大きな責任を抱える大変なポジションですが、自ら会社の舵取りに参画できるやりがいがあり、実力によっては高く評価され、世の中に名を残すことができます。

仕事内容

なるには

給料・年収

コラム

社長

一般的には会社のトップに立ち、対外的な交流や、経営事項に関するあらゆる最終決断を行う。

社長とは一般に、会社のトップに立つ人のことを意味します。

会社がどのような方向を目指していくのか、何をしていくのかを考え、経営に関するあらゆる最終決断を下します。

社長になる方法は、大きく分けて「起業をする」パターンと、「社員から出世する」パターンの2種類が考えられます。

特別な資格等は必要なく、学歴要件も定められていませんが、社長職を継続して務めるには経営やビジネス全般に関する幅広い知識・経験が必要です。

なお、社長の多くは「取締役」もしくは「代表取締役」として、法律的に、契約などで対外的に物事を進める権限を担います。

社長は厳しい競争社会で会社を存続させるために、常に先を見て、利益を生み出し続けられるビジネスモデルを考える必要があります。

大企業で活躍する社長の一部は、億単位にものぼる収入を得ています。

仕事内容

なるには

給料・年収

コラム