知財の志望動機・面接

志望動機の重要性

どのような企業の、どのような職種を志望する場合でも、しっかりとした志望動機を考えることは不可欠です。

とくに知財はすべての会社で募集されているわけではなく、募集があるとしても募集人数が少ない場合が多いため、ライバルに差をつけるためにも、自分の会社に対する思いを伝えやすい志望動機は、念入りに考えるべきでしょう。

志望動機の考え方

知財職を志望する人は、「ものづくり」やそれに関わる「技術」に興味を持っていることが多いようです。

しかし、ここで気を付けておきたいのは、開発職ではなく、知財を志望する理由を明確にしておいたほうがよいということです。

ものづくりをする企業にとって、より良い知的財産権をつくり出し、保有していくことは、企業価値を高めるために欠かせません。

事業戦略の一端を担うことができるポジションとして、知財部門に力を入れる企業も増えています。

そうした知財業務の重要性を理解し、どのような仕事に携わっていきたいのかを基に、志望動機を考えていくとよいでしょう。

面接のポイント

知財の面接では、まず「知財の仕事に就きたい理由」を問われることが多いようです。

他の職種でも、「なぜこの仕事を希望するのか」といったことはよく聞かれますが、とくに「知財」という専門性が高く、あまりメジャーとはいえない職種をあえて志望する理由を、面接官は知りたいと考えています。

仕事内容を理解し、知財への熱意をアピールできるようにしましょう。

なお、会社によって、扱う技術分野やものづくりの内容は異なるため、それらの理解ができているかどうかも、面接で問われるポイントです。

志望先の会社の事業や技術分野をよく調べておき、自分がどの部分に興味を持っているのかを話せるようにしておくことも重要です。

学生時代の専攻や研究テーマと重なるところがあれば、その点についてアピールするのもよいでしょう。

知財の志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で知財への転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで添削を無料で受けるのもおすすめです。

知財の仕事に詳しい転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、業界情報を聞くことができたり、知財の「非公開求人」の情報を得ることもできます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。