生産技術への転職、未経験採用

知識・経験・ノウハウがあると有利

生産技術は、他の技術系職種と同じく専門性が必要とされる仕事であるため、転職のケースとして最も多いといえるのは、ある会社の生産技術職として働いていた人が、異業種などの会社の生産技術職へと転職する形です。

たとえ業界が異なっていても、生産技術としての役割や大きな仕事の流れやノウハウなどを理解していることは、転職するうえでも強みとなるでしょう。

生産技術の業務領域は多岐にわたり、生産設備や生産工程など幅広い知識が必要とされるため、設計や品質管理といった生産技術と近しい仕事の経験、ノウハウを持っている人も、生産技術に転職しやすいと考えられます。

未経験や文系からの転職も不可能でない

生産技術は製造業の大半の企業で必要とされ、たくさんの人が活躍している職種ですが、人材不足に悩んでいる企業も少なくないようです。

もともと、生産技術は機械や電機系などを専門とする理系人材の仕事とされていますが、会社によっては未経験の人や文系出身の人であっても、本人の意欲や熱意次第では採用される可能性があります。

ただし、生産技術の仕事では現場経験を積んで身につくことがとても多いため、関連業務の経験が少ない人が生産技術への転職を考える場合、年齢が上がってくると実現するのが難しくなるかもしれません。

現場仕事から生産技術へ

いきなり専門性が問われる生産技術へ転職するのが難しそうという場合は、工場の製造現場で勤務経験を積み、生産技術への転職を目指すという方法もひとつの手です。

製造現場も人手不足となっている企業が多いため、正社員以外の採用活動も比較的活発に行われており、転職はしやすいといえます。

現場で真剣に働いていれば技術についての知識やノウハウも身についてきますから、そうしたスキルをアピールして、生産技術へとステップアップしていくことも可能です。