営業の需要・現状と将来性

営業の現状

営業はどのような企業でも必要な仕事であるため、営業職の需要は旺盛です。

また、必要資格や求められる学歴・職歴もないことから、転職市場でも人気の高い職種です。

しかし営業に求められる成果が少しずつ変わりつつあり、飛び込み営業でもルート営業でも、売上を上げるだけでなくより効率的な商品販売の仕組みを作っていくことが求められています。

ITツールを使いこなして同僚と情報共有を行い、顧客利益と売上向上のためのカスタマイズ提案の検討、若手人材の育成など、やるべきことは多いです。

また、オンライン商談が増えて営業訪問の重要性が減ったことや、営業資料の重要性が高まったことなど、営業スタイルの変化にも対応が求められています。

営業の需要

営業職はほとんどの事業を成り立たせるために欠かせない職種であり、需要は常に旺盛です。

BtoCのビジネスではWebを利用した広告やマーケティングが主流になり、個人向けの訪問営業などは昔ほど行われていません。

その分、BtoB(企業と企業)やBtoG(企業と行政・国)での営業が増えています。

これらの営業職では、高い商品知識や業界知識が求められ、営業マンはただ商品をアピールして売るのではなく、顧客の課題を見つけ、解決のための提案を行う必要があります。

この場合、成果の個人差が大きくなりがちですが、コンスタントに成果を残せる営業マンであればどこでも歓迎されます。

とくに専門性の求められる医療やIT、産業用機械などの営業職は高いニーズがあります。

営業の将来性

営業職はどの企業でも需要は高いですが、他の職種と比較すると待遇面が保証されているとは言いにくい面があります。

営業職は需要は高いですが、「基本給プラス歩合給(成果給)」での求人が多く、基本給の割合は低めで抑えられているからです。

企業は「売れる営業」を厚遇し、「売れない営業」への人件費は削減に動いているため、離職者も常に多い状況となっています。

Webサイトなどを利用し、営業マンを通さない取引を増やしている企業も増えているのも営業職にとっては耳の痛い話です。

企業や商品によらず安定した成果を残すためには、業界知識やビジネススキルなどを高めていく他ありません。

また、新しい働き方への対応、最新のITツールの活用、他の販売方法と上手に連携させるスキルなどは今後の営業に欠かせないスキルです。

厳しい環境の中で生き残り、高い専門性を身につけた営業マンであれば、業界内でのニーズは高いままでしょう。

営業の今後の活躍の場

営業はビジネスにおいて最も大事な仕事であり、営業ができることでさまざまな可能性が広がります。

営業職のプロフェッショナルとなるだけでなく、企業でマネジメント職や役員職に進むキャリアが一般的に多いのは、それだけ営業が企業活動において大事だからです。

また、独立して事業を始めたり、動画サイトで商品紹介などを行ったりと個人で活動して活躍することもできるでしょう。

顧客とコミュニケーションを取り、課題解決のために商品を提案するというセールスの仕事は海外でもほぼ同じです。

そのため、外国語ができる人なら海外で就職したり、現地と日本を行き来しながら個人で商社のような仕事をしたりといったことも十分可能です。