一般事務のやりがい・楽しさ・魅力

一般事務のやりがい・楽しさ

一般事務は、そこまで高度な専門知識やスキルが求められないことや、会社を裏方として支えていくという落ち着いたイメージなどから、「あまりやりがいはないのではないか?」と言われることがあります。

しかしながら、実際に一般事務として働いている人のなかには、確かなやりがいや楽しさを感じながら仕事をしている人も少なくありません。

ここでは、一般事務のおもなやりがい・魅力について紹介します。

人をサポートする喜び

一般事務のやりがいとして、多くの人が感じているのが「人をサポートすることの喜び」です。

一般事務は、各職場であらゆる事務作業をテキパキと進めていくことによって、他の社員が自分の仕事に集中できる環境づくりに貢献します。

どのような組織でも、事務的な業務がまったく発生しない職場はありません。

面倒で膨大な事務業務を、一般事務が一手に引き受けてきちんと対応していくことによって、職場全体がスムーズに回るようになるといったケースはよくあることです。

一般事務の仕事では、最前線で忙しく動き回る社員をサポートできている感覚を味わいやすく、「縁の下の力持ち」としての喜びを実感できるでしょう。

頼りにされ、感謝されることも少なくない

仕事が的確で早い一般事務は、どのような職場でも重宝されますし、実際に他の社員から「ありがとう」と声をかけてもらえることが多いです。

また、経験豊富な一般事務は、周囲から「困ったときは○○さんに聞けばいい」などと言われ、頼りにされることもめずらしくありません。

一般事務だからといって、まったくキャリアアップが望めないわけではありません。

むしろ、よく気が利いて、職場がうまく回るように臨機応変に動ける一般事務になれば、「手放したくない存在」として高く評価されるでしょう。

一般事務の仕事内容

一般事務の魅力

残業が少ない

一般事務の仕事では、基本的に「残業が少ない」という魅力があります。

あるアンケート結果によると、残業の少ない職種のトップが一般事務だったそうです。

一般事務の仕事では、勤務時間の安定性が高いという特徴があり、基本的に毎日同じ時間に出社し、同じ時間に退社することができます。

トラブルなどで残業が発生する可能性もゼロとはいえませんが、プライベートを含めた1日のスケジュールを組みやすいため、日常生活においてストレスを感じにくいでしょう。

ただし、一般事務でも勤務先によって仕事内容や業務の流れは大きく異なるため、とくにプライベートを充実させたい人は、事前に残業時間量などを確認しておくことをおすすめします。

転職時にも役立つスキルが身につく

一般事務としての経験は、転職時にも役立たせることができます。

効率よく事務作業を進めていくスキルやノウハウ、また仕事でよく使うことになるパソコン関連のスキルなどは、基本的にどの業界でも役立つスキルとなります。

一般事務の仕事は業績に直結しないものがほとんどですが、テキパキと事務をこなせる人材は、あらゆる業界・業種の企業で必要とされる可能性が高いです。