一般事務のやりがい・楽しさ・魅力

一般事務のやりがい・楽しさ

「仕事内容が地味」「会社の業績につながらない仕事」と表現されることも少なくない一般事務の仕事ですが、実際に一般事務として働いている人の中には確かなやりがいや楽しさを感じながら仕事をしている人も少なくありません。

人をサポートする喜び

一般事務のやりがいとして、多くの人が感じているのが「人をサポートすることの喜び」です。

一般事務の仕事は事務作業をこなすことによって、他の社員が自分の仕事をスムーズに進められるようにします。

組織活動においてはさまざまな事務作業をこなす必要があり、一般事務がそれらをこなすことで他の社員は自分の仕事に専念できるのです。

確かに企業の業績には直結しない仕事ばかりですが、業績に直結する社員をサポートしているという感覚は「縁の下の力持ち」としての喜びを実感させてくれます。

人から頼りにされる

一般事務は、基本的にさまざまな仕事を任せられます。

仕事の中にはある程度の知識が求められるものもあり、仕事をこなすことでさまざまな知識を身につけることができます。

そのため、経験豊富な一般事務は他の社員から「困ったときは○○さんに聞けばいい」と頼りにされることも珍しくありません。

感謝されることも少なくない

日ごろから他の社員のサポートを行い、ときには頼りにされることもある一般事務の仕事を、自分たちの仕事にとって欠かせない存在であると評価できる事務以外の社員も決して少なくありません。

そうした人たちからは、一般事務の人は確かな感謝の気持ちを向けられることもあるのです。

誰もがそうではないとはいえ、きちんと感謝してくれる人がいる、自分たちのサポートをありがたく思ってくれている人がいる、これ以上に一般事務の仕事にやりがいを感じる瞬間は無いでしょう。

一般事務の仕事内容

一般事務の魅力

次に、一般事務として働くことの魅力について解説します。

残業が少ない

まず、一般事務の仕事は基本的に「残業が少ない」という魅力があります。

あるアンケート結果によると、残業の少ない職種のトップが一般事務だったそうです。

一般事務の仕事には勤務時間の安定性が高いという特徴があり、基本的に毎日同じ時間に出社し、同じ時間に退社できるという特徴があります。

残業や時間外勤務を必要とする機会が少なく、プライベートを含めた1日のスケジュールを組みやすいため、日常生活においてストレスを感じにくい点も特徴です。

ただし、一般事務も勤務先によって仕事内容や流れは大きく異なるため、就職先によっては思いのほか残業させられるというケースも珍しくありません。

転職に役立つスキルが身につく

次に、一般事務の経験は「転職に役立つ」という魅力があります。

一般事務の仕事は、多くの企業や団体において必要とされる仕事です。

一般事務として効率よく事務作業を進められるスキルやノウハウ、仕事でよく使うことになるパソコン関連のスキルなど、基本的にどの業界でも役立つスキルとなります。

一般事務の仕事は業績に直結しないものの、効率よく事務作業をこなし、仕事の改善点を見つけて実践できる能力はどの企業でも欲しがる人材なのです。

ただし、業界によっては一般事務に対して専門知識やスキルを要求されることもありますので、就職先を探す際には仕事内容を確認し、必要な知識やスキルを持っていることを確認してください。