品質管理の需要・現状と将来性

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

品質管理の現状

品質管理は、その業務の重要性が高まり続けている状況にあります。

昨今は、食品メーカーの産地偽装や自動車部品メーカーの欠陥隠し、医薬品メーカーの製造手順違反など、メーカーの不祥事が相次いでいます。

これに伴って消費者の安全・安心に対する意識はさらに高まっており、品質管理体制の強化は、ものづくり企業が抱える課題のひとつです。

多くの企業が、「ISO規格」と呼ばれる国際的な品質標準規格を取得しようとしているのは、その典型的な事例といえるでしょう。

SNSによって一瞬で情報が拡散する現代社会においては、ひとつの不祥事が命取りになりかねません。

品質管理は、企業だけでなく消費者を守るため、より一層の活躍を期待されています。

品質管理の需要

品質管理は、ものづくりを行っている企業であればどこでも、業界に関係なく必要とされる職種です。

さまざまなメーカーから安定した需要があり、新卒採用はもちろん、中途採用も積極的に実施されていますし、未経験でも採用するという企業もあります。

ただし、採用人数や待遇面については、企業のスタンスによってかなり差があります。

品質管理を重要セクションと位置付けている企業では、品質管理部門や品質保証部門に人数が手厚く配置されており、問題発生時にも迅速な対処が可能です。

しかし、なかには品質管理を「便利屋」程度にしか考えておらず、クレーム対処するだけの最低限の人数しか置いていない企業もあります。

そうした企業は業務がまわらず、品質を高められないためにトラブルが起きやすく、多くのクレーム処理に追われるという悪循環に陥っています。

悪循環に陥ってしまった企業は離職率が高いために求人需要はありますが、そういった職場は要注意です。

品質管理の需要はかなり豊富にありますので、就職先をしっかりと見極めることが大切でしょう。

品質管理の将来性

品質管理は、業務の重要性が増すにつれ、需要に対して供給が追いついていない状況です。

このため、将来性としては非常に明るく、スキル次第では、若手のうちから第一線で活躍することもできます。

もちろん、そのためにはQC(品質管理)分析についてのツールや統計学、リスクマネジメントの手法など、専門知識を学ぶ努力が欠かせません。

しかし、一度それらのスキルを身につけてしまえば、品質管理担当として1社で長く働くことができます。

品質管理のスキルを身に着けた人の中には、キャリアアップを求めて他社へ転職する人もいます。

品質管理の将来性は非常に安定的といえるでしょう。

品質管理の今後の活躍の場

品質管理の今後の活躍の場は、グローバルなフィールドに移っていくでしょう。

大手企業はもちろん中小企業も、コストダウンや自社商品の海外展開を目的として、国外に生産拠点を設けています。

このため、これからの品質管理は、海外出張したり、海外赴任する機会が増えていくでしょう。

海外の工場で日本国内と同レベルの品質を維持するには、現地の製造スタッフの教育など苦労が伴います。

だからこそ、語学堪能で海外でも活躍できる品質管理担当者は貴重です。

これから品質管理を目指す人については、英語はもちろん、中国語をはじめとした幅広い語学スキルを磨いておくとよいでしょう。