品質管理の現状と将来性

ものづくりの会社に不可欠な存在

品質管理は、各種メーカーなど「ものづくり」を行う会社にとっては不可欠な仕事です。

安定的に同じ品質のものを作り出すには、生産工程の計画や見直し、製造工程の改善など、さまざまな管理業務が必要になります。

また、不良品が発生した場合に、いち早く適切な対応策を検討しなくてはなりません。

こうした業務を一手に引き受けるのが品質管理です。

どれだけ高度な技術力があろうと、生産する製品の品質が基準を満たしておらず、さらにバラつきがあれば、それを世の中に供給し続け得ることは難しくなってしまいます。

品質管理は多くの企業において必要とされうる重要な役割を担っており、業務に関連する専門的知識やスキルを持った品質管理担当者を欲している企業もたくさんあります。

管理責任者へステップアップすることもできる

品質管理担当として経験を積んでいくことで、チームリーダーやマネージャーになったり、部署全体の責任者としての役割を任されることもあります。

品質管理はもともと、そこまで高い給料が得られる仕事とはいわれていませんが、管理職になれば収入を一気にアップさせることも可能になってきます。

マネジメントスキルを持っている人の需要は大きく、他社や他業界でも生かせるスキルとなるでしょう。

グローバルな視野で働ける職場も

会社によっては、海外事業に力を入れるなど、海外向けの商品の製造を行っているようなところもあります。

その場合、また国内向けとは異なる品質管理の知識が必要になってくるため学ぶべきことは増えますが、経験は大きな財産となるでしょう。

競争が厳しい製造業のなかでも、順調に伸びている業種・会社もあります。

品質管理はものづくりを行うどのような会社でも求められる職種であることから、実力さえ身につけば、自分の目標に応じてさまざまな方面へのキャリアップがしやすいのが魅力といえるでしょう。