社長と代表取締役の違い

「代表取締役」=「社長」ではない

しばしば勘違いされがちですが、「代表取締役」と「社長」は同じものではありません。

代表取締役とは?

「代表取締役」は会社法に定められている肩書きで、取締役会によって選ばれた役員のなかで、会社の意思について対外的に示す権限を持つ人のことを指します。

代表取締役は会社を代表して業務を執行するとともに、対外的な「契約」などの行為に関わる権限を持っています。

社長とは?

「社長」は、あくまでも各会社が独自に定めている呼称です。

社長のほか、「会長」「CEO」「専務」「常務」「部長」といった呼称も、社長と同じ会社内部の規定による呼称です。

社長は実質的にはトップとして業務を執行することが一般的ですが、代表取締役のような外部に対する責任者という立場ではありません。

社長が代表取締役になることは多い

上記の内容をもっとかみ砕いていくと、たとえば会社で何か新しい事業を進めていくときに、社内における最終的な意思決定は社長が下しますが、取引先との契約などについては代表取締役の肩書きを付けている人が行います。

しかし、社内向けと社外向けで別の人が責任を持つことは円滑に業務を進めるうえで不便も多いため、社長が「代表取締役社長」となり、会社に関わるすべての責任を持っているケースが目立ちます。

「取締役社長」もいる

なかには、代表取締役ではなく、「取締役社長」という肩書きを付けている人もいます。

取締役は、会社の経営や執行を統括する「取締役会」という機関の一員であり、会社法上では、取締役会設置会社では取締役は3人以上必要と規定されています。

そのため、すべての取締役が代表権を持っているわけではなく、複数の取締役を代表する立場となるのが代表取締役です。

なかには代表権を持たない社長もおり、その場合は「代表取締役会長」といったように、社長以外の人が代表取締役になっています。

なお、代表取締役は同じ会社に複数置くことも認められています。