海外営業に向いてる人、適性

異文化コミュニケーションが好き

海外営業は、海外で生活する人とやりとりを行う機会が多くあります。

海外は言語はもちろんのこと、文化や気候、宗教、習慣など、ありとあらゆることに違いがあり、その違いを理解したうえで上手にコミュニケーションをとっていかなくてはなりません。

まずは異文化に抵抗がなく、異なる価値観を持つ人と接することを楽しめるような人、前向きになれるような人が、海外営業には向いているといえるでしょう。

人によっては頻繁な海外出張や、海外赴任をすることもあるため、海外での生活に興味があることも重要なポイントになってくるといえます。

誰とでも臆することなく話せる

海外営業として働く場合、英語などの語学力や事業に関する専門知識などは必要ですが、どのような人とも対等に会話をしようとする姿勢も不可欠です。

とくに海外の人は日本人よりもせっかちで、ビジネスの場において素早い判断や決断を求めることがよくあるようです。

また、自分の意見をはっきりということを求められる傾向も強いです。

異なる環境や言語のなかで物怖じしてしまうのではなく、勇気を持って人とコミュニケーションをとろうとする気持ちが欠かせません。

そして、たとえ壁にぶつかったとしても自分から状況を変えていこうとするような、アグレッシブなタイプの人に向いているといえるでしょう。

肉体的、精神的にタフである

海外営業の仕事では、日本人同士のようにスムーズな意思の疎通ができないことも多く、どうしてもストレスが溜まりやすいといわれています。

また、日本と異なる気候や時差、生活習慣の国へ行くとなったら、肉体的な負担もかかってくるものです。

それでも仕事には主体的に取り組んでいかなくてはならないため、心身ともにタフで、気持ちの切り替えが上手であったり、趣味などを持って自分でうまくリフレッシュできるような人に向いているといえます。

自分が海外営業に本当に向いているのかどうかイマイチ分からない人は、新卒対象のサービスであるキャリアチケットを利用してみましょう。

キャリアチケットはマンツーマンで就職サポートを行っており、海外営業に向いているかどうかについてアドバイスをしてもらえたり、面接対策や書類添削を受けられます。