人材コーディネーターの仕事内容、役割

人材派業界で活躍する

人材コーディネーターとは、おもに人材派遣会社や人材紹介会社などの「人材サービス会社」において、クライアント企業と求職者をつなげる仕事です。

「こういう人材がほしい」と考えているクライアント企業と、「こういう仕事がしたい」と考える求職者の間に立ち、双方にとってメリットのあるマッチングを行います。

業務の中心となるのが、求職者との面談・カウンセリングです。

面談では、求職者の希望職種や保有スキルを確認し、その人がどういったキャリアビジョンを描いているのかについても確認したうえで、最適な派遣先を探して紹介します。

そのほか、求人広告の作成、登録スタッフとの面談、求職者が業務を開始した後のフォローアップ面談なども担当します。

人材サービス会社によっては、人材コーディネーターのことを「人材コンサルタント」といった別の名称で呼んでいることもあります。

営業を兼務することも

人材会社には、人材コーディネーターとは別で「営業」がいることが多いです。

営業は、企業へのテレアポや訪問などを通して人材の困りごとをヒアリングし、クライアント企業を新規で開拓したり、既存クライアントに増員などの提案をしていくのが一般的ですが、この役割を務める人は通常、内勤の人材コーディネーターとは別に存在します。

ただし、比較的規模の小さな会社では、営業が人材コーディネーターの役割まで兼ねていることもあるようです。

お互いの条件をすり合わせることも

クライアントと求職者は、それぞれに希望条件を抱えています。

人材コーディネーターの腕の見せどころは、それぞれの要望や条件が折り合わない場合に、うまく交渉や折衝をして双方が合意するところへもっていくことです。

双方に働きかけて譲れるポイントを探ったり、地道に交渉しながら納得してもらえるように努めていきます。

そのため、人材コーディネーターには「人と話すことが好き」といったコミュニケーション能力のほか、ある程度の交渉力や折衝力も求められてきます。

人材コーディネーターの仕事に興味があって、自分に向いているのかということや、仕事内容について深く教えてもらいたい場合は、キャリアチケットという新卒向けサービスを利用しましょう。

累計6万人以上が利用し、内定率80パーセント以上と実績も十分であるサービスのキャリアチケットは、人材コーディネーターの志望動機の添削や面接対策なども無料で行ってくれます。