品質保証部門で働くには(大学、学部)

メーカーを中心に活躍

品質保証は、製造業の企業を中心に活躍することができる仕事です。

食品メーカー化学メーカー化粧品メーカー医療機器メーカー、医薬品メーカーなど、あらゆるメーカーが就職先の選択肢になります。

こうしたメーカーでは、品質保証部門を独立して置いているところが多いですが、新卒採用の場合は「技術系総合職」といった大きな枠で募集を行うことがしばしばあります。

その場合、必ずしも品質保証の仕事に配属されるとは限らず、商品開発、商品技術、生産、情報システムなど、品質保証以外のさまざまな理系職種に配属となる可能性があります。

大手メーカーの応募資格は「大卒以上」が一般的であり、学部等については会社によって「理系の大学・学部」を対象とするところもあれば、「全学部全学科」と間口は広げられているところもあります。

有利になる大学や学部は?

品質保証部門で働くにあたって有利になる学部は、どのような種類のメーカーで働くのかによっても変わってくるといえます。

たとえば、食品メーカーであれば、理学系、化学系、農学系といった学部での学びが、精密機械メーカーであれば、電気電子系、機械工学系、材料化学系の学部で得た知識が生かしやすいでしょう。

ただし、どのような学部を出ていても、意欲的であれば品質保証として働ける可能性はあります。

会社によっては、採用ホームページなどに技術系の各職種と大学における専攻の関連図などが公表されていることもありますので、調べてみるとよいでしょう。

中途採用では品質保証職としての採用が多い

転職者向け求人、つまり中途採用においては、新卒採用とは異なり「品質保証職」というピンポイントでの採用が行われるのが一般的です。

その場合、応募資格として品質保証業務の経験者であることが求められてきます。

なかには未経験者でも応募できる中途採用の求人もあるようですが、何らかの理系知識があるか、年齢は20代や30代前半など若いうちのほうが転職しやすいでしょう。