一般事務になるには

一般事務になるまでの道のり

一般事務を目指して進路を決めるのであれば、特定の学部や学科を選んで進路を決める必要はないといえます。

普通科でも専門学科でも、一般事務を目指すことは十分に可能なのです。

大学を卒業する必要性については、主に大企業において一般事務の募集に「大卒以上」の条件を付記していることが多いため、選択肢を増やすためにも大学は出ておいた方がいいでしょう。

一般事務は新卒での採用もありますが、転職などの中途採用で一般事務として就職する人も決して珍しくありません。

採用試験では「筆記試験」と「面接試験」が中心となり、実技試験が用いられることは少ないです。

なお、官公庁の一般事務として働くためには「公務員採用試験」に合格する必要があります。

一般事務の資格・難易度

一般事務の求人において、特定の「資格」を求められることは少ないです。

しかし「持っていると有利・便利な資格」が、いくつか存在します。

MOS資格

「MOS資格」は、マイクロソフト社のオフィスソフト(ワード・エクセルなど)の操作スキルを認定する資格です。

上級資格になるほど難易度が高くなりますが、ほぼ確実にパソコンを使うことになる一般事務の仕事において必ず役に立つ資格となります。

簿記

「簿記」は「帳簿記入」のことであり、会社によっては事務職に経理業務を任せることもあることから役立つ資格となります。

「日商2級」以上を持っていると、就職の幅が広がるでしょう。

秘書検定

会社によっては一般事務に秘書の仕事を任せることもありますが、それ以前にこの資格を有しているということは「ビジネスの一般常識を身につけている」ことの証拠となります。

事務職として役立つことを証明できるため、就職に有利ですし、仕事を進める際にも役立つでしょう。

一般事務になるためにおすすめの資格は?

一般事務になるための学校の種類

一般事務になるために、特定の学部・学科の学校に進学する必要は基本的にないといえます。

一般事務の仕事は専門知識やスキルを必要としないため、普通学科でも専門学科でも一般事務への道は開けています。

「高卒以上」の条件で求人を出しているところもありますが、大企業ほど「大卒以上」を条件としているところが多くなりますので、大学は出ておくに越したことはないでしょう。

できれば、高校や大学でパソコンや簿記のスキルを身につけ、大学ではビジネス基礎を学び、アルバイトで事務職を経験していると有利になります。

特に社会経験が乏しい新卒の場合、いかにしてビジネスマナーや一般常識を身につけていることをアピールできるかは重要なポイントです。

一般事務になるためにはどんな学校にいけばいい?(大学・専門学校・短大)

一般事務に向いている人

人のサポートが好き

一般事務の仕事は基本的に他の社員の仕事のサポートです。

一般事務の仕事にやりがいを感じるためには、人をサポートすることにやりがいや喜びを感じられることが重要なポイントになります。

正確かつ柔軟に作業をこなせる

一般事務の仕事は幅広い種類の仕事をスムーズにこなす必要があります。

一つ一つの仕事を正確にこなしつつ、突発的な事態にも対応できる柔軟性を持ち合わせることが重要です。

コミュニケーションが得意

一般事務の仕事は社内外を問わず、さまざまな人と接することになります。

オフィス内で仕事することが基本となるため、良好な人間関係の構築は重要なポイントです。

人とのコミュニケーションを通じて良好な人間関係の構築が得意な人は、一般事務として適性があるといえます。

一般事務に向いている人・適性・必要なスキル

一般事務のキャリアプラン・キャリアパス

一般事務の仕事は、単体でのキャリアアップが難しい仕事でもあります。

一般事務の仕事をしつつ将来のキャリアアップを見据えるのであれば、積極的に勉強する必要があります。

例えば簿記の勉強をして経理関係の仕事を兼務したり、専門知識やスキルを習得して転属や転職あるいは起業するという道もあります。

一般事務の仕事は給与水準が低いことでも有名なので、収入アップのためには積極的に将来を見据えた行動が必要となるのです。

一般事務を目指せる年齢は?

一般事務の求人は、年齢制限を設けていないことが多いです。

一般的には、「仕事を任せる機会が多い」ことから、仕事を頼みやすい(指示しやすい)若い世代が一般事務として採用される機会が多いといえます。

一方で、高齢の人を一般事務として採用するというケースも珍しくありません。

ただし、この場合ほとんどのケースにおいて「事務職経験豊富な即戦力」として期待されているため、事務経験がないと一般事務としての就職は不利になります。

一般事務は高卒から目指せる?

一般事務の採用では「高卒以上」を条件としているところが少なくありません。

公務員採用試験の合格を必要とする官公庁への一般事務としての就職も、高卒以上を条件としている項目がありますので問題ありません。

できれば高校生のうちに簿記やビジネスマナーの勉強、アルバイトで事務の仕事をこなしていると就職の際に有利になるでしょう。

ただし、大企業を中心に大卒以上を条件として一般事務の求人を出しているところもありますので、採用条件には注意して就職先を探す必要があります。

中途での一般事務の求人は、リクルートエージェントなどの大手転職エージェントが多数保有していますので、まずは気軽に相談してみましょう。