商品企画のやりがい・楽しさ・魅力

商品企画のやりがい・楽しさ

話題になり売上が上がったとき

商品企画の仕事は大きなやりがいを感じられる仕事です。

仕事の中で最もやりがいを感じる瞬間は、やはり手がけた商品がヒット商品となったときでしょう。

さまざまな行程を経て完成した商品が店頭に並んだ段階ではまだ、やりがいを感じるまでには至りません。

むしろ、評価されるか、クレームが出たりしないか、ソワソワすることの方が多いでしょう。

商品が話題になり売上につながってはじめて、大きな仕事をしたと実感し、興奮がこみあげてくるでしょう。

消費者の反応を見るとき

商品企画の仕事は、どんなに完成度の高いすばらしい商品を作っても、売れなければ失敗作とみなされる厳しい世界です。

そのため、ひとりよがりにならずに市場のニーズに寄り添って商品を創り出すことが、商品企画には求められます。

市場調査や入念なコンセプトメイキング、さまざまな販売促進策などを経て、市場に投入された商品は我が子も同然です。

その商品についてのレビューやクチコミで高い評価が得られたときや「こんな商品が欲しかった」と言われたときには、売上への貢献とは別の大きなやりがいを感じられます。

商品企画は、商品を生み出すことで社会に貢献する仕事なのです。

チームワークと達成感

商品企画は多くの関係者とコミュニケーションをとりながら商品を作っていく仕事です。

ひとつのプロジェクトが終わるまでには数カ月、数年という期間がかかりますが、その企画をやりきったときの達成感はひとしおです。

一緒にさまざまな仕事を行った同僚たちに強い絆を感じることも少なくありません。

商品企画の仕事内容・社内の役割とミッション

商品企画の魅力

創造性を発揮できる

市場調査を行い、アイデアを出し、コンセプトを作って、マーケティングや商品開発などを行う商品企画の業務は、創造性をフルに発揮できる仕事です。

さまざまな仕事がシステム化され、マニュアル化も進んでいる中で、創造性を重視する仕事は減りつつあります。

その中にあって、創造性を発揮することで価値を生み出し、企業や社会に貢献できるのが商品企画の大きな魅力です。

大きく成長できる

商品企画の仕事は、情報の分析や資料作成、プレゼンテーション、関係者とのコミュニケーションと、高いビジネススキルが要求される仕事でもあります。

花型の職種と言われることが多く、企業によっては出世ルートのひとつにとして認識されることもあります。

そのような中で優秀な同僚たちと切磋琢磨し合い、大きく成長できるのも商品企画の魅力です。

実力があれば年収も上がりやすい

商品企画の仕事は、企業の売上に大きな影響を与えるため、責任も重大ですが報酬も高いことが多いです。

さまざまなプロセスを経て商品が作られ、売上が好調であれば、その業績を評価されて年収アップにつながることもあります。

とくに、企業の規模が大きいほど、ひとつのアイデアが企業にもたらす利益が大きくなるため、報酬にも反映されやすくなります。

優秀な商品企画者は、替えが利かない存在として企業でも高く評価されるでしょう。