品質管理への転職、未経験採用

転職者向けの求人も多い

品質管理は、「ものづくり」をするうえでは不可欠な存在であり、さまざまな業種のメーカーで求められている職種であるため、転職者向けの求人も年間を通じてよく出ています。

しかし、品質保証が在籍できる会社の種類は、大手企業から中小企業まで規模もまちまちであり、さらに会社によって扱う製品の種類や業務の流れ、必要とされる知識などもだいぶ異なります。

もちろん、給料や待遇、勤務時間や休日などにも違いが出てきます。

ひとくちに品質管理といっても選択肢が多いため、まずはどのような会社で働きたいのか、どういった条件を優先させて転職したいのかを明確にしておくことが重要だといえるでしょう。

未経験からの転職は可能?

品質管理は、必ずしも経験やスキルが求められる仕事ではありません。

しかし、品質管理業務では独自のツールや考え方が利用されることがあるなど、この仕事ならではの専門知識も必要になってきます。

会社によっては未経験者の採用も行っているようですが、その場合は入社後にしっかりと勉強する気持ちが不可欠です。

また、未経験からの転職は、できるだけ年齢が若いほうが採用されやすいようです。

事前に少しでも前提となる知識に触れておきたいということであれば、「品質管理検定」といった資格試験の勉強をしてみるのもよいかもしれません。

経験者は歓迎されやすい

品質管理は大半の製造業の会社で必要とされる職種ですが、誰にでもすぐできる単純作業というわけではないため、品質管理業務の経験者は歓迎されやすいようです。

もちろん、個々の持つ経験やスキルによってどれだけ有利になるかは変わってきますが、給与面など良い条件での転職を実現している人もいます。

また、海外事業に力を入れ、海外向けの製品を積極的に製造しているメーカーもあり、そうした環境で新しい知識を身につけながらさらなるキャリアアップを目指していくことも可能です。