役員と執行役員の違い

役員」と「執行役員」は似た言葉ですが、その立場や役割にはいくつかの違いがあります。

役員は会社の経営に携わる

役員は、会社の経営に携わる人たちのことをいいます。

会社法では、「取締役」「監査役」「会計参与」の3種類の肩書きを持つ人が役員と定められており、これらの人たちは株主総会での選任を経て、役員のポストに就きます。

なかでも社長や会長などが就くことの多い取締役は、会社の重要事項や運営方針を決定する権限を有します。

従業員のトップとなる執行役員

執行役員は、上記で挙げた役員のように、会社法で規定されている役職ではありません。

そのため、執行役員の業務範囲や役割は会社によっても異なっていますが、一般的には、取締役会で決議された会社の決定事項について、従業員のトップクラスのポジションとして業務執行に携わる人を意味しています。

身分はあくまでも従業員であるため、役員のように、株主に対する責任を負うことはありません。

なお、執行役員は、会社の意思決定スピードを速め、効率的な組織運営を行うために現場のトップに置かれることが多くなっていますが、なかには執行役員制度を採用していない会社もあります。

一般的な「役員」の使われ方は異なる場合も

簡単にまとめると、役員は会社経営の重要事項を決定する人、執行役員は経営を担わない従業員のトップのことを指しています。

そして、役員は法律によって決められた呼称、一方の執行役員は社長や部長、課長などと同じっく、その会社における敬称のひとつとなります。

どちらが上の立場にいるかといえば、会社の重要方針を定める役員となります。

しかし世の中では、会社法によるものではなく、一般に「役員」といわれる場合に、執行役員のことまで含めている場合もあります。

どのような意味で「役員」という言葉が使われているかは、その時々でよく確認する必要があります。