生産技術の一日

工場勤務が中心

生産技術職として働く人の多くは、製造業の会社の工場に勤務しています。

具体的な業務内容は職場によって少しずつ異なりますが、生産ラインの立ち上げや工程設計、製造設備の準備や維持管理、品質改善などさまざまな役割を担っており、製品の設計を行う人たちと製造現場で働く人たちの橋渡し役にもなって働きます。

勤務時間や1日のスケジュールなども会社によって異なりますが、ここでは、生産技術として働く人のある1日の過ごし方を紹介します。

生産技術のある1日

8:15 出社

工場へは車で通勤。工場に着いたら、作業服に着替えて準備を整えます。

8:30 朝礼

全体での挨拶と、グループメンバーの健康チェックやスケジュール確認を行います。

8:45 メールチェック

パソコンを立ち上げてのメールチェックと、その日にやるべきことを改めて確認します。

9:30 会議

前日に作成した資料をプリントし、生産工程の見直しに関する会議に出席します。

11:00 資料とデータ整理

会議内容をまとめて、すぐに見直せるようにしておきます。

12:00 昼休憩

昼食は同期と一緒に社員食堂で食べています。

13:00 製造現場のチェック

製造現場で働く社員とも会話をし、日常業務で困っていることがないかや、製造に関する生の声を拾い上げます。

14:00 設備の調整

新製品の生産ラインで使用する設備を調整し、記録をとっていきます。

15:00 試作機での実験

生産工程を効率化するための試作機を使った実験を行います。

17:00 書類作成

作業標準化のための手順書の見直しと修正を行います。

18:30 退社

トラブルなどがない日はできるだけ早く帰るようにしています。