社長と会長の違い

どちらも法律で定められた肩書きではない

社長」と「会長」は、どちらも法律で定められた肩書きではありません。

「会社法」という法律では、そこに定められている会社の役職としては「代表取締役」のみとなっており、それ以外はあくまでも各会社が独自につけている呼称です。

そのため、会社によって「社長」と「会長」の位置づけも異なっています。

一般的な社長と会長の特徴は?

ただし、「社長」と「会長」の一般的な使われ方があります。

社長は、一般的に会社の代表としての立場におり、会社全体の業務執行を指揮します。

多くの会社では「代表取締役社長」という形で、代表権を持っています。

会長は、一般的に社長の上に置かれる役職としての位置づけとなります。

社長を退いた人が名誉職として会長職に就くことも多いですが、なかには会長が代表権を持ち「代表取締役会長」として就くこともあります。

また、グループ会社を多く持つ大手企業の場合、各会社にそれぞれ社長がおり、グループ全体のトップに会長がいることもあります。

社長と会長はどちらが偉い?

繰り返しになりますが、社長と会長は法的に定められた役職ではないため、会社によってそれぞれの役割は異なります。

会長がいる会社では、会長は社長の上に置かれることが多いですが、実務上では社長が最も権限を有していることが多いです。

法的に考えていくと、「実務を行う」という点において、会社で最も偉い立場といえるのは「代表取締役」となります。

ただし、株式会社という組織で見ると、最も偉いといえるのはオーナーである株主になります。

会長のいない会社もある

会社にとって、会長と呼ばれる人は、必ずしも置かなくてはならない存在ではありません。

会長がいる会社でも、そのポジションは「名誉職」として位置づけられ、代表権を持たず、実務には携わっていない場合も見受けられます。

社長職を退いた創業者が、二代目に社長の座をゆずり、自らは会長になることもあります。

会長が置かれる理由は、功労者であるからということだったり、対外的な関係を継続させるためであったりとさまざまです。