生産管理の一日

工場での勤務が中心

生産管理は、ものづくりをする企業の工場に勤務することが一般的です。

技術者と同じように作業着を着て働くことが多いですが、データ入力や資料作成など、デスクワークをする時間もたくさんあります。

また、社内外の関係者との連携や調整事に携わるなど、人とコミュニケーションをとる機会も多いです。

会社によって働き方は異なってきますが、ここでは生産管理の仕事に携わる人のある1日の過ごし方を紹介します。

製造業で働く生産管理のある1日

8:30 出社

パソコンを立ち上げて、当日のスケジュール確認や、届いているメールに返信をします。

8:50 朝礼

工場全体での挨拶や連絡事項の共有を行います。

9:00 ミーティング

生産管理部門のメンバーたちと、製造実績の確認と問題点について話し合います。

10:00 進捗確認

製造現場を見て、計画通りに生産が進んでいるかのチェックを行います。

11:00 資材調達

製造に必要な資材の調達について、購買部門へ指示を出します。

12:00 休憩

昼食は社員食堂を利用したり、持参した弁当を食べたりします。

13:00 生産スケジュール検討

新商品の生産スケジュールを見直し、工場の担当者と確認を行います。

13:30 デスクワーク

会議に向けた資料作成や、伝票処理などを丁寧に進めていきます。

15:00 出荷指示

製品の出荷指示を担当部門へと出します。

15:30 打ち合わせ

営業や設計部門と一緒に、新しい製品の仕様について打ち合わせを行います。

17:30 日報作成

業務日報に当日行った業務の記録をつけます。

18:00 退社

机回りを片付けて、可能な限り残業はしないように仕事を終えます。