専務と常務の違い

会社の経営陣に位置付けられることの多い「専務」や「常務」。

ここでは、両者のさまざまな違いについて見ていきましょう。

あくまでも会社内での呼称

そもそも、「専務」と「常務」はどちらも、法律で定められている肩書きではありません。

会社組織は「会社法」という法律に基づいて成り立っていますが、会社法によって定められている肩書きは、会社経営を行う「取締役」や、業務執行を行う「執行役」などのみであり、「専務」や「常務」のほか、「社長」「部長」「課長」といった肩書きも、あくまでもその会社内での呼称となります。

したがって、「専務」や「常務」と呼ばれている人たちも、一般に「何となく偉い立場の人」というのは共通していますが、具体的な仕事内容や役割については各会社で異なっています。

一般的な役割の違いは?

専務と常務は、一般的には以下のような役割を担うことが多いです。

専務

会社の意思決定を行う社長の補佐役を務め、会社の管理や監督業務を行う。

常務

日常業務の執行と、社長の補佐役を務める。

簡単にまとめると、常務は、役員でありながらも業務執行をする従業員寄りの立場となり、専務は経営に携わる社長により近い立場に位置付けられるのが一般的です。

なお、専務も常務も「取締役」を任じられることがあり、その場合は取締役会に参加して会社の意思決定に携わります。

専務が「No.2」になることが多い

会社において、社長がトップとなる場合、その「No.2」のポジションに専務が位置付けられることが多くなっています。

「副社長」を置く会社であれば、社長→副社長→専務という順で職位が下がっていくのが一般的ですが、副社長がいない会社では、専務が社長の不在時に社長業務を代行するような場合もあります。

ただし、これはあくまでも一般論であり、その会社の職位は自社のルールによって異なります。

必ずしも常務の上に専務がいるわけではないということは念頭に置いておいてください。