生産管理の給料・年収

平均年収

生産管理の平均年収は、400万円~500万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。

一般的な会社員の平均年収と、大きく変わるものではありません。

同じ会社に勤務し続けた場合、経験や年齢、勤続年数などによって少しずつ給料は上がっていくでしょう。

しかし、生産管理がおもに活躍する製造業の企業は、大手メーカーから中小企業まで規模がまちまちで、数もたくさんあります。

他の職種と同様、一般的には、大手企業に勤めるほうが給与水準は高いとされています。

経験や専門知識があると給料も上がりやすい

生産をコントロールし、その最適化を図る生産管理は、ものづくりを行う企業にとって重要な役割を担っています。

製造工程はもちろん、原材料やお金の動き、品質管理、在庫管理といった多様な専門知識が必要とされる仕事であるため、生産管理業務の経験がある人は、転職の際に比較的良い待遇で採用されることもあるようです。

ただし、ベテランの人だけが活躍しているわけではありません。

未経験者や、若手を積極的に採用して育てようとする企業もあるため、生産管理職としてまっさらなところから徐々にスキルアップし、役職もつけて給料を上げていくことも可能でしょう。

グローバルを舞台に活躍することも

現代社会において、日本の製造業の企業は、生産拠点をアジアなどの海外へ移すケースが目立つようになっています。

そうなると、工場で働く人材は、現地の安い労働力にとって代わられることも目立ちます。

しかし、生産全体をコントロールする生産管理職については専門知識を持った日本の人材が必要とされる場面が多く、グローバルな活躍が求められてきます。

この仕事では、社内の他部門や取引先などとの細かな調整事も多いため、語学力や高いコミュニケーション能力を武器に海外で活躍するチャンスを得て、大幅な収入アップを実現する人もいるようです。