知財の仕事、業務内容

「知的財産」の観点から自社を守る

知財とは「知的財産」の略称であり、会社に置かれることのある職種のひとつです。

知的財産とは、「人間の知的活動によって生み出されたアイデアや創作物のうち、財産的な価値を持つもの」のことを意味しており、そのなかには「特許権」「実用新案権」「商標権」「著作権」といったさまざまな種類の権利が含まれます。

企業における知財とは、自社の発明や製品をそうした知的財産として権利化し、法律と照らし合わせながらさまざまな手続きを行う仕事です。

知財を基にものづくりを行う企業にとっては、不可欠かつ重要な存在であるといえるでしょう。

知財の役割は?

知財の役割は、大きく以下の2つが挙げられます。

ひとつは、自社の知的財産権を守ること、そしてもうひとつは、別の会社の知的財産権を侵害していないかチェックすることです。

企業はそれぞれの長年の研究活動によって、独自の技術を駆使した製品づくりなどを行っている場合が多々あります。

知財は、そのような新たな知見を適切に保護し、技術の優位性や市場における自社のポジションを確保することを目指します。

著作権以外の知的財産権については、基本的に特許庁に登録されて保護されるため、それらを権利化するための書類作成や出願など一連の業務を担当します。

また、世の中にたくさんの知的財産があるなかで、自社製品やサービスが他社の知的財産権を侵害してしまうことのないよう、開発部などと連携をとってチェックすることも知財の役割です。

万が一、知的財産に関する係争や訴訟が発生した場合には、その対応も行います。

新しい事業を生み出すきっかけにも

知財は、日頃から自社や他社の知的財産権に関する調査や分析なども行っています。

そうした内容に基づき、事業戦略や研究戦略に関する意見を述べることもあり、会社の方向性を決める重要な役割を担うことができる存在だといえます。

また、研究者たちの発明の結果を保護し、それをビジネスとして確立させていくためにも、知財の活躍が欠かせません。