生産管理のキャリアパス

生産管理の一般的なキャリアパスは?

生産管理として働く人は、まず製造現場でキャリアをスタートするケースが多いようです。

実際に製品がどのように作られるのかを最も間近で見る立場であり、ものづくりの根幹を担う重要な役目を担います。

その後、人によっては生産管理部門へと異動となることがあります。

そこでは現場での経験を生かして、生産計画の立案から製品の出荷までの一連の流れをコントロールし、体制を整えます。

生産管理は、製造現場と企画・営業など社内の他部門の間に立つことも多いため、ものづくりのさまざまな知識と、広い視野が必要とされます。

その後のキャリアとしては、生産管理としてさらに経験を積んで管理職になる人もいれば、購買や調達、情報システム、企画・マーケティングなどの別部門へと異動になる人もいます。

生産管理はものづくりの全体を見ていくため、そこで得た知識やスキルは他の仕事にも生かせるところが多々あり、本人の意思や希望に応じて、さまざまなキャリアの道があるといえるでしょう。

生産管理から営業職に就く人も

生産管理は、工場での生産計画を立てる仕事を通して、ものづくりの一連の流れを身につけることができます。

そこで得た知識やスキルを生かし、同じ会社や同業他社の営業職へとキャリアチェンジする人もいるようです。

営業職は、顧客と直接顔を合わせて相手のニーズに応えようとしますが、顧客との商談のなかでも、技術に関する知識を持っていると話が順調に進むことは多くあります。

また、生産の実際を理解していることで、製造現場の技術者たちとのコミュニケーションもスムーズになります。

グローバルに活躍することも

近年、製造業の企業は生産拠点をアジアなどの海外へ移すケースが増えています。

もちろん、海外の工場でも生産をコントロールすることは不可欠であり、生産管理が必要とされています。

人によっては、語学力を生かして、生産管理としてグローバルを舞台に活躍することもできるでしょう。