商品企画の1日のスケジュール・生活スタイル

商品企画の業務スケジュール

商品企画の勤務時間は、ほとんどが9:00~18:00など、企業の標準的な勤務時間に合わせたものになっています。

業務スケジュールの多くがオフィス内で行われ、会議や資料作成で1日の大半が過ぎていきます。

扱う商品の専門性が高い場合、商品企画の従業員にフレックスタイム制を導入している企業もあります。

商品企画の業務範囲が広い企業の場合、社外の関係者との打ち合わせや商品デザインなどの業務も入ってくるため、忙しくなったり残業が発生したりすることも多いです。

関係者とのコミュニケーションを最優先にして余った時間を企画検討や資料作成といった業務にあてたり、予定を細かく区切ったり、外出はなるべくまとめたりするなど、スケジュール管理に工夫が見られます。

食品メーカーで働く商品企画の1日

9:00 出社・メールチェック
出社したら、まずは不在時のメールを確認し、1日のタスクを整理します。
9:15 情報収集
新聞やインターネット、専門誌などから情報収集し、市場ニーズやトレンド、自社製品の評価などを探ります。
10:00 営業対応
原料メーカーから新しい商品について営業を受けたり、業界や市場についての情報をもらったりします。
11:00 チーム会議
商品企画部署内で、それぞれの業務の進捗を報告し合い、アドバイスし合います。
11:30 企画書作成
昼食までの時間で、できるだけ資料作成を進めておきます。
12:00 昼食休憩
情報交換をかねて、営業や開発などの関係部署の社員と一緒に食事をすることもあります。
13:00 企画会議でプレゼンテーション
企画会議でプレゼンテーションを行い、新しい商品についての意見をもらいます。
14:30 企画会議
別の案件の企画会議をビデオ会議で行い、自分の意見を述べます。
15:30 商品チェック(試食会)
開発部門が開発した商品の試食を行い、修正点や良い点を評価して伝えます。
16:30 販促会議
商品の広告や販路、イベントなどについてマーケティング部門と一緒に相談します。
17:00 資料作成・企画検討
アンケート調査や市場調査会社から取得したデータを分析して資料にまとめ、新たな商品企画を考えます。
18:00 退社
1日の業務が終われば退社します。

日用品製造メーカーで働く商品企画の1日

9:00 出社・情報収集
出社したら、メールを確認したり、新聞や雑誌などのメディアから情報収集を行ったりして気になった点はメモに残しておきます。
10:30 営業対応
材料メーカーから新素材についての情報提供を受け、企画の引き出しを増やします。
11:30 会議準備
新規企画の営業評価のために企画書を作成し、アイデアをまとめます。
12:00 昼食休憩
13:00 企画書作成の続き
説得力のある資料作成のためにはデータはもちろん、写真や図表などデザインにも気を遣います。
14:30 営業企画会議
全国の営業マンとビデオ会議を行い、企画を評価してもらいます。
15:30 知財部門に確認
営業企画会議で通った企画を進めるにあたって知的財産の問題がないか知的財産管理部門へ確認を依頼します。
16:30 試作品チェック
3Dプリンターでの制作を依頼していた試作品を確認し、イメージとの違いがないかチェックします。
17:00 設計図の修正
強度チェック、パーツバランスチェックなどを行って、修正の必要を感じた点についてCADを使って設計図を修正します。
18:30 退社
翌日、すぐに修正モデルを確認できるように3Dプリンターでの製造を指示して退社。

商品企画の勤務時間・休日・残業

商品企画の休日・残業

商品企画部門では多くの人とコミュニケーションを取る必要があります。

スケジュール調整がうまくいかないと、始業前や就業時間後にミーティングが入ってしまい、勤務時間外にも仕事をすることになってしまいます。

自身が関わっている商品の企画やプレゼンテーションなどの業務もあり、納期が近い場合や複数の案件を手がけているときは非常に忙しく、残業になることもあります。

休日出勤は多くありませんが、展示会などのイベントがあれば休日でも出席することも多いです。

また、小売業や飲食・サービス業の場合は、土日祝日にも出勤し、平日に休むこともあります。

基本的にその他の業種なら、土日祝日、夏期休暇、年末年始休暇はしっかり取るでしょう。

商品企画は忙しい?激務?

商品企画として働く人の忙しさは企業や個人によって、また時期によってさまざまです。

担当している案件の数や重要度によって、一つひとつの企画にかける時間や労力も大きく変わりますし、受け持つ業務範囲によっても違ってきます。

多くの場合は、正規の勤務時間内で仕事が終わるように仕事量やスケジュールが決定されているため、激務というほどではありません。

ただし、その場合でも退社後も企画のことを考えているケースも少なくなく、プライベートとの区別が難しい面もあります。