スーパーバイザーのやりがい・楽しさ・魅力

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

スーパーバイザーのやりがい・楽しさ

創意工夫で事業を成功に導く

スーパーバイザーの仕事の楽しさは、創意工夫する余地の大きさ、与えられている権限の大きさにあります。

スーパーバイザーに求められる役割をひとことでいえば「事業を成功に導くこと」ですが、その方法はスーパーバイザー次第です。

商品構成や陳列方法、メニューを見直す方法もあれば、新しいフェアを企画する方法もありますし、従業員教育を強化する方法もあります。

売上を高めるのではなく、コストを削ることで利益を確保するというやり方も考えられます。

サラリーマンの身分でありながら、まるで経営者のように、自分なりの方法論やアイディアを事業に取り入れられる点が、スーパーバイザーの仕事の面白さの源泉といえます。

自分の立てた戦略がうまくはまって、思った通りに業績が上がったときには、大きなやりがいと達成感を味わえるでしょう。

多くの人と喜びを分かち合える

スーパーバイザーは、担当する店舗の店長や従業員とともに、力を合わせて目標達成に向けて取り組んでいきます。

いわば、スーパーバイザーも含めたスタッフ全員は、店舗というひとつの船に乗った「運命共同体」です。

問題があれば皆で困難に立ち向かい、成功すれば皆で喜び合います。

そんな数多くの人と苦楽をともにできる、チームとしての一体感を感じられるところが、スーパーバイザーの仕事の楽しさです。

また、スーパーバイザーはそうしたスタッフを束ねる立場にありますので、リーダーとして仲間から頼りにされるということも、仕事のやりがいにつながるでしょう。

スーパーバイザーの仕事内容・社内の役割とミッション

スーパーバイザーの魅力

労働時間に自由が効きやすい

スーパーバイザーは、仕事自体にある程度の裁量権が与えられているのと同じように、労働時間についても各自の判断に委ねられている部分が大きい点が特徴です。

オフィスに出勤するのはせいぜい週1回程度であり、大半の日は担当する店舗に直行し、仕事が終われば店舗から直帰します。

フレックスタイム制が導入されている企業も多いため、その日のスケジュールに合わせて、遅い時間から働くこともできますし、逆に早朝から働いて、早めに仕事を切り上げることもできます。

昼休みをいつ、どのくらい、どこで取るかも、基本的に個人の自由です。

労働時間を弾力的に調整できることは、ほかの職種にはない、スーパーバイザーならではの大きな魅力といえるでしょう。

がんばった成果が給料に反映されやすい

スーパーバイザーの仕事の結果は、担当する各店舗の売上や利益などによって、明確に数値化することができます。

公平でわかりやすく、比較もしやすいため、成果が直接個人の給料に反映されるケースが一般的です。

とくにボーナス査定は顕著で、結果を出した人については大きな見返りが期待できます。

自身の努力によってほかの人よりも高収入が得られる点は、スーパーバイザーの大きな魅力といえるでしょう。

企業によっては、目標達成状況によって最初からボーナス支給額を公開しているところもあり、「あと〇万円売り上げればボーナスが〇万円増える」といったように、仕事へのモチベーションにつなげやすいでしょう。