福祉業界のスーパーバイザーの仕事

福祉業界のスーパーバイザーとは?

一般に「スーパーバイザー」という言葉が使われるときは、コンビニなどの小売業や、コールセンターなどで管理・監督を行う職種に就く人のことを示すことが多いですが、じつは福祉業界でも「スーパーバイザー」と呼ばれる人たちが活躍しています。

福祉業界のスーパーバイザーは、福祉サービスの援助が必要な人に対して援助を行う職員に対し、指導・教育・評価などを行う役割を担う人のことをいいます。

スーパービジョンを実施する

福祉業界においては、「援助を行う職員」は「スーパーバイジー」と呼ばれています。

スーパーバイザーは、スーパーバイジーに対して「スーパービジョン」といわれる教育や指導を行い、スーパーバイジーがよりよい福祉サービスを援助対象者に提供できるように導きます。

たとえばケアマネジャーであれば、「主任介護支援専門員」がスーパーバイザーとなり、「地域や事業所で働くケアマネジャー」がスーパーバイジーとして働きます。

援助が必要な人のニーズはさまざまであり、ときには解決することが難しいケースも存在します。

スーパーバイザーは、そうした際にスーパービジョンを実施し、スーパーバイジーが思うように仕事に取り組めるように支援を行います。

福祉業界のスーパーバイザーになるには

現状では、すべての福祉関連事業所においてスーパバイザーとスーパーバイジーの適切な関係性が成り立っているわけではないようです。

質の高い援助を実践するために、能力の高いスーパーバイザーを積極的に配置する現場もあれば、人員不足などの理由によってさほど力を入れていない現場もあるといわれます。

しかし、対人援助を行う福祉の仕事は困難なことも多く、ストレスやプレッシャーがかかりやすいのが現実です。

必要に応じてスーパーバイジーのケアを行うスーパーバイザーの役割がきちんと機能することによって、そこで働く人たちにとっても、援助者にとっても、より良い結果に結びつくと考えられています。