社長に向いてる人、適性

社長に向き不向きはある?

社長になる人の性格や気質はさまざまで、「絶対にこういう人でなくてはならない」ということはありません。

実際に社長業に就いている人からの意見を集めても、「向き不向き」については「ある」と答える人もいれば「ない」と答える人もおり、絶対的な答えはないといえます。

ただし、社長という責任の重いポジションで企業経営に携わっていくのは、考えている以上に大変なことであり、楽なことでもありません。

社長を目指すのであれば、社長という立場で何をしていきたいのかをしっかりと考え、覚悟を持っておくことが大切です。

高い志がある

社長は、一般的には経営陣のトップとして会社をリードしていく立場になります。

自ら意思決定を下し、従業員たちを引っ張っていかなくてはなりませんから、まず社長自身が何を目指しているのかを明確にして、それを周囲の人たちにきちんと伝える必要があります。

そのためには、社長の「こうする」という高い志が不可欠であり、そこに向けて一心に突き進むような勢いも必要になります。

精神的に打たれ強く、挑戦できる

事業を営むうえでは、数々のピンチやトラブルにも巻き込まれることがあります。

新しいことに挑戦していくなかでは失敗することもありますし、経営はうまくいくときもあれば、落ち込むときもあるなど、波も付き物です。

ちょっと物事がうまくいかない時でも、すぐにクヨクヨせず、次にどうすればよいのかを考えて行動していかなくてはなりません。

会社の中で、それを一番実践しなくてはならないのは社長であるため、精神的に強く、何度でも挑戦し続けられるようなタイプの人のほうが向いているといえるでしょう。

自分で考えて行動できる

「社長は孤独」といわれることもあるように、社長はいち社員とは異なり、ちょっとした悩みや迷い、愚痴などを簡単に同僚や先輩・後輩などにいうわけにはいきません。

もちろん、周囲からの助言を受けて考えることも多々ありますが、最終的に決断を下すのは社長になることが多く、自分の頭で考えることをつねに求められます。

したがって、誰かに指示されて動くのを好むようなタイプの人は社長に向いているとはいえず、逆に、自ら問題解決をすることに喜びや満足感を得るようなタイプの人は社長の適性があるといえます。