知財の仕事、業務内容

「知的財産」の観点から自社を守る 知財とは「知的財産」の略称であり、会社に置かれることのある職種のひとつです。 知的財産とは、「人間の知的活動によって生み出されたアイデアや創作物のうち、財産的な価値を持つもの」のことを意 … 続きを読む

知財の社内での位置づけ、役割

会社によって位置づけは異なる 「ヒト・モノ・カネ」に次ぐ「第四の経営資源」といわれることもある知的財産は、現代の企業にとってますます不可欠な要素となっています。 企業内に「知的財産部」を置く企業も少なからず存在しています … 続きを読む

知財の種類

大きな組織の場合 大手企業では、独立した「知的財産部(知財部)」を置くところも多いようです。 なお、知財の仕事とひとくちにいっても、権利化業務もあれば、知財戦略立案業務、さらに係争・訴訟対応といった業務もあり、企業内の知 … 続きを読む

知財の1日

デスクワークも人とのやりとりも多い 知財の1日の過ごし方は、勤務先や担当業務によって変わってくるといえるでしょう。 ただし、その特徴としては、書類作成などのデスクワークも、研究開発部門の社員などとコミュニケーションをとる … 続きを読む

知財のやりがい、魅力

開発者と二人三脚でものづくりができる 知的財産権は、ものづくりとも密接に結びついています。 製品開発の場では、どれだけ素晴らしい技術的なひらめきやアイデアが浮かんでも、他社がその権利を保有していた場合には実施できず、一か … 続きを読む

知財のつらいこと、大変なこと、苦労

間違いが許されない厳しさ 知的財産権は、製品やサービスを生み出していく企業の発展のために不可欠な要素となります。 知財担当者は、開発者のひらめきやアイデアに対して、技術や法律の観点からアドバイスを行ったり、問題があれば指 … 続きを読む

知財と法務の違い

「知財」と「法務」は、どちらも企業に置かれることのある職種や仕事の種類です。 両者の役割や業務内容は重なるところもありますが、具体的な内容はことなってきます。 ここでは、それぞれの違いについて見ていきましょう。 知財とは … 続きを読む

知財の現状と将来性

ものづくりをする企業に不可欠な存在 知財は、メーカーなどものづくりを行う企業にとって不可欠な仕事であるといえます。 その理由は大きく2つあり、ひとつは、自社の知的財産に関する知見を権利化して優位性を保つこと、もうひとつは … 続きを読む

知財のキャリアパス

知財としてキャリアを積んだ人は、いったいどのようなキャリアをたどっていくのでしょうか? 企業の知財担当としてステップアップ 一般に、「知財業界」といわれるところで働く人は、企業の知財部門以外にも、特許事務所や法律事務所、 … 続きを読む