内部監査の資格、スキル

内部監査として働くうえで、絶対にこの資格がなくてはならないというものはありませんが、業務に関連する資格はいくつか存在し、それらを持っていると就職・転職時に有利になることがあります。

ここでは、内部監査の代表的な資格を紹介します。

公認内部監査人(CIA)

「公認内部監査人(CIA)」は、内部監査人の能力や専門性を証明する目的で、内部監査に関する指導的な役割を担っている「内部監査人協会(IIA)」が認定する国際的な資格です。

試験は世界約190の国と地域で実施されており、日本では1999年から日本語受験が可能となっています。

内部監査人は、企業内の不正・不祥事を発見することはもちろんですが、そうしたリスクを低減させるべく経営者の視点に立って企業を監査し、経営者に改善を促すことも重要な役目としています。

公認内部監査人の資格を得ることによって、内部監査の体系的知識や、広いビジネス知識を有していることを証明することができます。

内部監査士

「一般社団法人 日本内部監査協会(IIA-J)」が主催する「内部監査士認定講習会」を修了することで与えられる国内資格です。

内部監査認定講習会は、内部監査の評価を高め、内部監査業務に携わる人々の教育・養成を行い、 能力の向上を図ることを目的とした内部監査の理論・実務についての専門的な研修となっています。

この資格を取得することによって、公認内部監査人(CIA)認定試験の試験科目が一部免除となります。

内部統制評価指導士(CCSA)

「内部統制評価指導士(CCSA)」は、「内部監査人協会(IIA)」が認定し、CSA(コントロールの自己評価)に関する知識とスキルの能力を証明する国際資格です。

内部統制評価指導士は、業務プロセスの評価・分析・改善提案、内部統制の構築・整備、内部統制に関わるコンサルティング業務などに従事します。

有資格者は転職にも有利に

個々で挙げてきたような内部監査業務に関わる資格を取得すると、企業の内部監査部門のほか、監査法人やコンサルティングファームなどへの転職時に有利になることがあるようです。

また、国際資格を取得すれば、外資系企業の内部統制・監査部門などで活躍するチャンスも開けてきます。