品質管理の仕事内容・社内の役割とミッション

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

品質管理の仕事とは

品質管理は、メーカー企業などの製造現場において、生産する製品の品質をコントロールする仕事です。

具体的な仕事内容は業種や企業によって異なります。

品質管理のおもな仕事は、工場における生産体制の問題点発見とその改善、「QC(品質)工程表」というマニュアルの作成、製造スタッフの教育です。

メーカーでは一度だけ良い製品をつくればよいというわけではありません。

メーカーの責務は、消費者が求めるクオリティの商品を、安定的に、大量に生産し続けることです。

品質管理は、メーカーが高い品質のものを低コストで効率的に生産できるように、「PDCAサイクル」に沿って製造工程のひとつひとつを見直さなければなりません。

製造現場における品質管理業務は、消費者の安全・安心志向が強まっている影響もあって、いっそう重要になっています。

品質管理担当者に求められるものも、年々大きくなるでしょう。

品質管理の具体的な業務の内容

工程管理業務

工程管理は、工場などにおける製造工程を、適切な状態に維持・管理する業務です。

生産管理部門や設備部門など、別部署の社員と連携しながら、定められた納期やコストを守りつつ、一定水準以上の品質を保つように、生産ライン全体をコントロールします。

品質を維持するためのマニュアルとなるQC工程表や「作業標準書」と呼ばれる書類を作成することも、工程管理業務に含まれます。

さらに、勤め先によっては、生産計画や生産スケジュールの策定、生産設備の設計、外部の仕入業者との交渉といった業務にまで携わることもあります。

品質検証業務

出来上がった製品が求められるクオリティに達しているか、不良品がないか、あるいは不良品発生率がどのくらいかなど、完成品をチェックするのが品質検証業務です。

チェックする対象は製品だけでなく、作業工程や設備なども含めた生産ライン全体に及びます。

なお、品質管理担当者が検証する業務範囲はあくまで「製品を製造するまで」であり、出荷・販売したあとの完成品の品質については、「品質保証」という別の部署が担当します。

品質改善業務

問題点を指摘・発見し、その原因を突き止めて、再発防止策を考えたり、製造方法を改良するのが品質改善業務です。

たとえば完成品のなかに一定の割合で不良品が混ざってしまう場合、その理由が原材料にあるのか、あるいは作業工程や設備に問題があるのかを調査し、製造工程を修正して、再発防止に努めます。

こうした作業は、PDCAサイクルと呼ばれる手順で進み、品質を高めていきます。

PDCAサイクルとは、「plan:計画」、「do:実施」、「check:評価」、「action:対策」という4段階の工程を繰り返すことです。

また、研修や勉強会を実施して製造スタッフを教育したり、製造スタッフが働きやすい環境を整えるといった仕事も品質改善業務の一環であり、品質管理担当者の仕事です。

品質管理の社内での役割・ミッション

消費者が各メーカーや各商品に対してどんなイメージを抱くかは、結局のところ、実際に販売されている商品の出来しだいです。

大金をかけてCMなどの広告を打ち、画期的な性能や効能、デザイン、価値などをうたっても、実物が宣伝通りの製品でなければ、何の意味もありません。

製造された製品のクオリティを公表通りの水準に保ち、消費者の信頼に応えることが、企業イメージと企業利益を守ることにつながります。

品質管理は「製造工程の最後の砦」と呼ばれるほど重要な役割をになっており、自社製品の品質を守らなければなりません。

品質を守ることは、私たち消費者の安全・安心を守るということでもあります。

とくに近年は、検査データ改ざんなどのメーカーの相次ぐ不祥事を受けて、消費者が製造現場に向ける目線は年々厳しくなっています。

品質管理担当者には、より一層の活躍が求められるようになったといえるでしょう。

国際的な製造工程管理規格である「ISO:国際標準化機構」の取得も、品質管理の重要なミッションのひとつになりつつあります。

品質管理の業界・企業規模による仕事の違い

品質管理は、自社でものづくりを行っている企業であれば、まず間違いなく必要になる職種です。

食品や機械、自動車、化学、金属、医薬品、化粧品、繊維、アパレルなど、さまざまな業界で品質管理が働いており、「どの製品製造を管理するか」によって、実際の仕事内容にはかなり差があります。

似たような職種として、製品の企画段階からたずさわり、生産計画の立案や販売後のサポートまで手掛ける「品質保証」がありますが、企業によっては品質管理担当者が兼務しているケースも見られます。

一般的に、規模の大きなメーカーほど、品質管理を担当する社員が多く、細かく役割分担がなされています。

その一方、規模の小さい中小企業ほど、品質管理部門と品質保証部門が一体化されるなど、一人あたりの担当業務が幅広くなっているケースが目立ちます。

なお、大手メーカーの多くは、コストダウンを図るために製造拠点を海外に移しています。

大手メーカーで品質管理として働くなら、英語などの語学スキルが重要になるでしょう。

品質管理と関連した職種

品質保証

「品質保証」は、製品製造の開発から製造、販売まで、一連の流れすべてにおける品質をコントロールする職種です。

顧客や消費者により高い満足度を提供することがおもな役割であり、構成要素やデザインを見直したり、どんな原料を使っているか告知したり、購入者からアンケートを取るなど、さまざまな業務を行います。

「品質管理」の仕事よりも、「品質保証」は広範な業務を手掛けます。

「品質管理」はスペシャリストタイプ、「品質保証」はゼネラリストタイプといえるでしょう。

品質保証の仕事

生産管理

「生産管理」は、どの種類の商品を、どのくらい、どのタイミングで製造するか、生産計画を立案したり、生産ラインをコントロールしたりする職種です。

「生産管理」も「品質管理」と同じく、製造工程を管理することがおもな役割です。

「生産管理」の仕事の特徴は、守る対象が「納期」である点です。

この点、守る対象が「品質」である「品質管理」との大きな違いでしょう。

生産管理の仕事はかなり幅広く、原材料の調達先の選定や価格交渉、完成品の在庫管理などまで手掛けるケースが一般的です。

生産管理の仕事

生産技術

生産技術は、生産ラインの設計や管理、設備開発などを行う職種です。

生産技術は、品質管理や生産管理などと同じく、工場などの製造現場で活躍します。

生産技術が品質管理や生産管理と大きく違う点は、よりいっそう機械や科学技術に関する専門的な知識が必要になる職種だということです。

品質管理と生産技術は密接な関係にあります。

たとえば品質管理が導き出した問題点を改善するために、生産技術が新しい設備を設計するなど、お互いが協力し合って働くケースもよく見られます。

生産技術の仕事