役員のつらいこと、大変なこと、苦労

責任が重くなる

役員のような会社の偉いポジションに就けば、高い給料がもらえて自由に暮らせると考える人もいるかもしれません。

しかし、役員はただ楽でメリットばかりの立場ではありません。

大変なことのひとつは「責任」が大きくなることです。

取締役などの役員は株主や従業員、取引先などへの責任を負わなくてはならず、会社と雇用契約を結んで仕事をする一般従業員では会社に対する責任範囲が大きく異なっており、かかってくるプレッシャーもだいぶ違うものになります。

経営に参画する以上、社会全体に対する責任感を持っていなくてはならないという覚悟が求められます。

労働法が適用されない

役員になると、サラリーマンのような待遇が受けられないところもあります。

たとえば、就業規則が適用されないことから勤務時間や休日が決まっておらず、いくら長時間働いても残業代の支給や休日出勤手当はありません。

また、雇用保険も適用されず、いわゆる失業給付金はもらえないのです。

さらに、会社がもし破産したときに報酬の未払いがあった場合にも、労働者の給与のように優先的に取り扱われるわけではなく、泣き寝入りのような状態になる可能性もあります。

役員になると、昇進したことで世間から評価されたり、実際に会社を動かしていく重要や役目を担える一方、大変なところもたくさんあると考えておいたほうがよいでしょう。

仕事のことを考える時間は増えがち

役員になると、寝ても覚めても経営のことを考えるといった人は少なくないようです。

会社にいる時間以外にも、情報収集のために本を読んだり人と会ったりセミナーを受けたりと積極的に動き回ったり、従業員が休みの日に出勤して、静かな環境で仕事に向き合うような人もいます。

もちろん、なかにはさほど忙しそうにしていない役員もいるようですが、一方ではオンオフの境目がつけにくくなり、つねに忙しくしている役員も目立ちます。