海外営業になるには

海外と取引のあるメーカーなどへ就職

海外営業は、各業種のメーカーや商社をはじめ、海外でビジネスを展開する多種多様な企業で活躍できる仕事です。

ただし、大学などを出てすぐに就職をする新卒の場合、「海外営業」という職種の枠で採用されることはそこまで多くないようです。

海外営業は、英語などの高い語学力や現地の文化・習慣の理解、もちろん自社で扱う製品・サービスなどの知識など、さまざまなものを身につけていなくてはなりません。

したがって、まずは「国内営業」あるいは「総合職」といった形で入社し、ある程度のビジネス経験を積んだのちに能力や適性が認められると海外営業部門へ異動となるのが一般的です。

ただし、英語をはじめとするビジネス会話ができるくらいの外国語のスキルがある場合は、はじめから海外営業として就職できることもあります。

また、外資系企業でも海外営業として働くことができますが、外資系では日本の企業以上に即戦力となれる人が求められる傾向が強いようです。

有利になる大学や学部は?

海外営業の採用試験では、応募資格として四年制大卒や大学院の卒業・修了が条件となることが多く、大手企業には有名大学の学生もたくさん集まってくるため、採用試験をパスするのは簡単なことではありません。

一般に、学部や学科は制限されません。

外国語学部や国際関係学部の出身者もいますが、たいていは文系・理系問わずどのような人でも応募することができます。

求められるスキルは?

海外営業として必要になるスキルは、やはり語学力です。

とくに英語を使ったやりとりが中心になり、TOEICのスコアは700点以上、できれば800点を超えていることが望ましいといわれます。

しかし、TOEICのスコアが決して高くない場合にも、他の人と比べて仕事に対するモチベーションが抜きんでていたり、あふれんばかりの熱意が評価されると、海外営業部門へ異動になるケースもあります。

とくに海外営業は、異なる文化や習慣のなかで暮らす人たちとのコミュニケーションが必須であるため、前向きで、バイタリティある人はプラスに評価されることが多いようです。

海外営業の仕事内容や求められるスキルを詳しく知りたいときは、新卒の場合、累計利用者数6万人以上を誇るキャリアチケットというサービスの利用を検討しましょう。

海外営業の採用基準や、具体的な仕事内容を教えてもらうことができるほか、面接対策や志望動機の添削なども無料で行ってくれるサービスですので、上手に活用して内定獲得率をアップさせましょう。