【2021年版】商品企画の給料・年収はどれくらい? 初任給やボーナス、統計データも解説

商品企画の平均年収・給料の統計データ

商品企画の平均年収・月収・ボーナス

IT企業社員の平均年収は、約400万円~600万円となり、他の職種と比較するとやや高めの水準です。

この条件で、ボーナスは年に2回(それぞれ月給の2カ月分)の支給を想定した場合、月給は月給は25万円~37.5万円、ボーナスは夏・冬にそれぞれ50万円~75万円となります。

ただし、商品企画の場合、同じ職種でも業務の範囲はそれぞれ異なり、実際の給与幅も大きく違いますので、年収は仕事に求められる内容次第で上下すると考えたほうがよいでしょう。

賃金構造基本統計調査

厚生労働省の令和2年度賃金構造基本統計調査によると、商品企画の平均年収は、41.2歳で630万円ほどとなっています。

・平均年齢:41.2歳
・勤続年数:12.3年
・労働時間/月: 165時間/月
・超過労働:8時間/月
・月額給与:404,500円
・年間賞与:1,442,000円
・平均年収:6,296,000円

出典:厚生労働省「令和2年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
商品企画
(求人ボックス)
423万円 月給 35万円
商品企画
(Indeed)
588万円 時給1,402
日給 17,503円
月給 282,885円
商品企画
(転職会議)
477万円 20代前半 323万円
20代後半 410万円
30代 528万円
40代以上 666万円

商品企画の給料・年収は、各社で差が見られます。

年齢ごとの年収の分布も320万円~666万円と広くなっており、年齢や経験の影響が大きいです。

同じ商品企画職でも企業によって業務の範囲が異なるため、年収を考慮する場合は業務内容についてもよく確認したほうがよいでしょう。

商品企画の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

商品企画職の平均年収を500万円とし、夏・冬にボーナスが2ヵ月ずつ支給されたケースを考えてみます。

「手取り額=支給額-社会保険料-源泉徴収額(所得税)」となりますので、額面支給額と実際の手取り額は以下のようになります。

額面 手取り
平均月収 312,500円 259,311円
ボーナス(2カ月分) 625,000円 502,849円
年収 5,000,000円 4,117,430円

手取りは家族構成や前年度の所得状況、各種手当などの状況によって変わるため、あくまで参考程度の数値です。

商品企画の初任給はどれくらい?

商品企画の初任給は大学卒の総合職と大きく変わりなく、19万円~22万円程度が一般的です。

商品企画に最初から配属されるケースは非常に少なく、多くは営業やマーケティングなどの部門をいくつか経験してから配属されるため、一般的な水準になるようです。

基本的に都市部ほど初任給も高く、地方では初任給は低めになる傾向があります。

また、商品企画は基本的に本社勤務になるため、勤務地は本社の多い都市部になることが多いです。

商品企画の勤務先の規模別の年収(令和2年度)

商品企画の年収は、勤務先の規模が大きくなるとやや高くなる傾向があります。

10〜99人規模の事業所に勤める商品企画の平均年収は509万円、100〜999人規模は579万円、1,000人以上の規模では708万円、10人以上規模の事業所平均は630万円となっています。

上記グラフの基タイトルは「企画事務員」でマーケティングなど他職業を含むデータです。

賃金構造基本統計調査より作成。本統計は調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

商品企画の勤務先の年齢別の年収(令和2年度)

令和2年度賃金構造基本統計調査によると、年齢の上昇にしたがって、年収も上がっています。最も年収が高い世代は、55~59歳の833万円です。

全年代の平均年収は630万円となっています。

上記グラフの基タイトルは「企画事務員」でマーケティングなど他職業を含むデータです。

商品企画の福利厚生の特徴は?

商品企画の福利厚生は平均的な水準で、他職種と大きく違う部分はありません。

有給休暇や慶弔休暇、長期休暇、社会保険、各種手当などの条件は社内の基準に準じます。

ただし、規模の大きな企業の商品企画職では、フレックスタイム制や裁量労働制など、勤務時間に自由が利く場合があります。

商品企画は直接顧客を相手にすることが多くはないため、申請によってテレワークが可能な職場も増えているようです。

商品企画は女性も多いため、産前産後休暇や育児休暇、復職制度などを整備する企業も増え、働きやすくなっています。

商品企画の給料・年収の特徴

経験・スキルが重要

商品企画は年齢とともに給料・年収が大きく上がる傾向があります。

入社時の給料は控えめですが、一人前になる20代後半頃から年収の伸びが大きくなることからも経験やスキルが重要とされていることがわかります。

正社員が多くベースアップが期待できる

商品企画職は企業の中枢の仕事にあたるため、基本的には社内の正社員から育成します。

責任が重い仕事ですが、給与面ではベースアップも期待できますし、福利厚生もしっかりとした中で働くことができます。

正社員ですので、昇進や昇格による収入増も期待できるでしょう。

ヒット商品が出ればボーナスが出ることも

ヒット商品が出た場合に、関係者に特別ボーナスを支給する会社もあります。

商品企画はもちろんボーナスの支給対象になりますので、実績や評価につながるだけでなく一時的な報酬も期待できます。

売上規模が大きい会社や商品でヒットを出せれば、収入にも大きな影響があるでしょう。

商品企画の勤務先別の給料・年収

大手企業の商品企画

民間の求人会社の求人では、大手企業の商品企画の募集では年収600万円を超えるケースが多く見られます。

即戦力が求められるケースが多く、また成績次第で昇給やボーナスなどのインセンティブが提示されていることもあります。

800万円を超える年収での求人も見られ、管理職候補としての採用も多いです。

中小企業の商品企画

中小企業の商品企画の求人では、400万円~600万円での募集が多く見られます。

また、商品企画への配属を前提とした第二新卒の求人などもあり、この場合は年収300万円台も散見されます。

大企業と比べて業界を問わず募集があり、求人数も多いです。

商品企画としての業務内容が比較的広いのも特徴です。

商品企画正社員以外の給料・年収

派遣社員

商品企画の場合、派遣社員の仕事は主に正社員のアシスタントで、時給1,500円~2,000円の求人が多いです。

資料作成や企画会議への参加なども求められ、正社員登用を見越している採用では正社員と同様の仕事内容になることもあります。

時給2,000円の場合、月間160時間の稼働で月給は32万円、年収は384万円です。

アルバイト

商品企画のアルバイトの時給は、1,000~1,500円くらいがボリュームゾーンです。

この場合、月の労働時間を100時間と仮定すると、月収10万円~15万円、年収で120万円~180万円です。

基本的には正社員のアシスタント業務ですが、雑貨店やスイーツ店などの場合、実際に商品の試作を任せてもらえることもあるようです。

フリーランス

フリーランスの場合、商品プランナーとして商品企画や会議へ社員と同じように参加するケースと、実際に商品開発の技術を持っていて、製品の作成まで手がけるケースがあります。

前者の場合、派遣社員と同様に時給1,500円~2,000円程度で業務委託契約を行うことが多いです。

後者の場合、商品企画の完成までの請負契約で、数日あるいは数カ月をかけて数十万円~数百万円の報酬を受けることが多いようです。

フリーランスの場合、派遣社員と同等以上の収入になる人が多いです。

契約上の縛りがないため、複数の案件をこなしたり、アイデアコンペなどに参加したりして収入を増やすなど、能力と時間次第でさまざまな収益化の方法があります。

商品企画職が収入を上げるためには?

ヒット商品を出す

商品企画職が収入を上げるためには、仕事で実績を作るのが最良の方法です。

ヒット商品を開発することで評価が上がって昇進・昇給につながりますし、特別にボーナスが出ることもあります。

また、ヒット商品を手がけた実績があることで、大手への転職もしやすくなるでしょう。

規模の大きな企業で働く

商品企画の質は企業の規模が大きくなるほど売上に影響があります。

そのため、大企業は優秀な商品企画職を求めており、相応の待遇を準備しています。

最初から大企業で商品企画を目指して働いたり、中小企業で実績を上げてから大企業へ転職したりといったキャリアパスをしっかり考えておくとよいでしょう。

スキルを磨く

アイデアひとつで大きな成功を得られる可能性があるのは商品企画の魅力ですが、一生続ける仕事として考えるなら、安定した成果を得るためにスキルアップが欠かせません。

調査や分析のためのツール活用や資料作成、提案やプレゼンテーションなどの技術を磨くことや、業界について詳しく知ることが企画力アップにつながります。

日々の地道な努力は、成績や評価となって収入増につながるはずです。