不動産営業の仕事内容

不動産業界で働く営業職

不動産営業とは一般に、不動産業界の会社で「営業職」として働く人のことをいいます。

ひとくちに不動産営業といっても、扱う商材によって仕事内容や働き方、求められるスキルなどは変わってきます。

不動産営業の仕事の種類は、おもに以下が挙げられます。

・分譲(マンション・一戸建て)営業
・注文住宅営業
・賃貸仲介営業、賃貸管理
・投資用マンション営業
・中古不動産営業
・リフォーム営業
・競売物件営業

これらをさらに大きく分けると、「売買仲介営業」「賃貸仲介営業」「住宅販売営業」の3種類があります。

これらを詳しく見ていきましょう。

不動産営業の仕事の種類

売買仲介営業

新築不動産・中古不動産問わず、マンション、アパート、一戸建て、土地の売買を担当します。

売買にふさわしい不動産を見つけて査定を行ったうえで仕入れをし、売却先との交渉などまで広く担当します。

賃貸仲介営業

賃貸物件を所有するオーナー(大家)と、賃貸物件を借りたい人を仲介する仕事です。

住宅販売営業

分譲マンションや一戸建てを販売します。

内勤営業と外勤営業

扱う商材に関わらず、不動産営業の代表的な働き方としては、「内勤営業(カウンターセールス)と「外勤営業」の2通りが挙げられます。

とくに不動産業界では、賃貸仲介を中心に「内勤営業(カウンターセールス)」を行うことが多いのが特徴です。

これは、店舗に来店されたお客さまに対して物件に関するニーズや悩みをヒアリングしたうえで、最適な提案を行う形になります。

また、メールや電話での問い合わせに答えることも多くなります。

一方、外勤営業はいわゆる「外回り」の仕事です。

飛び込み営業をすることもあれば、問い合わせがあったお客さまの元を訪問して商談を進めることもあります。

また、売買における物件の査定や、物件とその地域周辺の情報収集なども足を使って行います。

不動産営業の仕事に興味があるものの、自分に適性があるのか分からない場合や、仕事内容について深く知りたいという場合は、キャリアチケットという新卒向けのサービスを利用しましょう。

不動産営業を募集している会社の面接対策や、志望動機の添削なども無料で受けることができますので、まずは気軽に相談してみてください。