役員になるには

役員になれるのは一握り

会社法上の役員、つまり「取締役」などを目指すルートとして一般的な方法のひとつは、その会社で少しずつ出世していく方法です。

いち社員として会社に入社し、少しずつ責任範囲が増え、役職が上がっていって、最終的に役員にまで上り詰めることができます。

しかし、大企業であれば、役員になれるのは1000人のうちに1人ほどといわれ、相当な厳しい出世レースを勝ち上がっていく必要があるといえるでしょう。

会社によっては、幹部を目指せるのは一流大学の出身者など、学歴もある程度限定されてくることがあるようです。

もちろんん、会社ごとにどんな人が役員になれるかは変わってきますが、少なくとも社員としてさまざまな経験と実績を積み重ね、経営陣から「この人は仕事ができる。信頼に値する人材だ」とみなされる必要があります。

転職などで役員になる

同じ会社内で出世するほか、転職をきっかけに役員のポストへ就任というケースも見られます。

しかし、この場合もまったく実績のない人がいきなり役員として歓迎されることは普通なく、それまでの経験やスキルが問われてくるといえるでしょう。

また、中小企業では、創業者の2代目や3代目として役員に就任するケースもあります。

役員に求められるもの

役員は、会社法という法律で定められている肩書きで、経営者としての役割が与えられます。

一般従業員、つまり労働者とは異なり、会社の意思決定や従業員の管理などを行う立場になるため、社員と比べると責任は一気に重くなります。

そして、役員は、その人がどれだけ経営の力になれるかというところがポイントになります。

貪欲に学び続け、周囲の人を巻き込む力を持ち、強い意志を持って仕事に打ち込めるような人が、役員になる人の大きな特徴といえます。

また、フットワークが軽く、人脈づくりも積極的に行っていくような姿勢が求められてくるでしょう。