総務への転職・未経験採用はある?

総務への転職状況は?

総務は、業界や業種に関係なく、ありとあらゆる組織で必要とされる職種です。

求人募集はかなり多く、少し検索してみるだけでもさまざまな職場を見つけられるでしょう。

ただし、営業職などのように大人数が必要になる職種ではありません。

総務の求人募集自体は多いものの、各企業ごとの採用人数はごくわずかです。

欠員補充を目的としたものも非常に多く、企業によっては外部からではなく内部の配置転換で済ませるケースもあり、中途採用は即戦力になれる1名だけということもよくあります。

元々が人気職種ということもあり、高倍率になる企業も散見されます。

転職を成功させるには、自身がどのようなスキルをどの程度もっているかが非常に重要になるでしょう。

一概にいえない面もありますが、大手企業は役割が細分化されているぶん、一部の業務に特化したスペシャリストが、反対に中小企業は、なんでもできるオールマイティな人材が、それぞれ好まれやすい傾向にあります。

総務への転職の志望動機で多いものは?

総務へ転職する動機として多いのは、「つちかってきたスキルを生かして別の仕事がしたい」というものです。

総務の仕事は、経理や人事、労務、企画、広報など、さまざまな職種と密接に関係し合っています。

活躍の場を広げたい、刺激や成長を求めて新しい仕事にチャレンジしたい。

でも、これまでのキャリアも無駄にしたくはない。

そういう場合、総務は両方の願いを同時に叶える職種です。

仕事内容の多様さ、幅広さに魅力を感じて、総務に転職する人が目立ちます。

また、同じ総務でも企業によって役割が大きく異なりますので、総務から別企業の総務へと転職するケースもよく見られます。

総務の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から総務になるには

総務の求人は、基本的に経験者採用が多いものの、なかには未経験でもOKというものもあります。

総務は、学歴や資格などが重視されるタイプの職種ではありませんので、未経験からいきなり総務になることも不可能ではありません。

ただし、学歴も資格もいらないぶん、性格や人柄といった「適性」が重視される傾向にあります。

とくに未経験かつ社会人の場合、そういった資質は採用・不採用に直結します。

組織内のさまざまな人と仲良くなれるコミュニケーション能力の高さや親しみやすさ、雑用でも手を抜かない真面目さや謙虚さ、ひたむきさなどが求められるでしょう。

とくに、「縁の下の力持ち」としてほかの社員のサポートに徹する「献身性」は、総務にとって重要な資質です。

総務への転職面接で気をつけるべきことは?

総務への転職面接で気をつけたいのは、前職に関する質問です。

総務は、さまざまな仕事を手広くこなすことが求められますので、面接官は、ほかの職種にも増して、各志望者が「これまで何をしてきて、何ができるのか」に注目しています。

あらかじめ職務経歴書などを作成しておいて、自身が手掛けた仕事の詳細や成果、身についたスキルなどについて、明確に答えられるように準備してから面接に臨みましょう。

また、「前職を辞めた理由」についても、まず間違いなく尋ねられることになります。

総務の仕事は細かいものも多く、忍耐力のいる職種です。

我慢強い性質をアピールできるような回答を用意しておいたほうがよいでしょう。

総務に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

まったくの未経験から総務に転職する場合、一般的な職業と同じく、およそ30歳くらいが上限となります。

ただし、人事や経理として給与計算や社会保険手続きをしたことがあるなど、組織の「間接部門」に関する業務経験がある場合は、30代でも採用される可能性があります。

また、たとえばメーカーに就職する場合は工場での勤務経験があるなど、同業界でのキャリアがある場合も、同様にもう少し年齢制限が緩くなります。

総務はあらゆる業界で働ける職種です。

それまでの職歴に関連する就職先を選べば、多少年齢を重ねたあとであっても、転職を成功させやすいでしょう。

未経験から総務に転職する際の志望動機

未経験から総務に転職する際の志望動機は、どうして総務の仕事に興味をもったのかというきっかけを最初に書いてみるとよいでしょう。

学生時代や現在勤めている職場などでの経験を引き合いに出して、「組織を影から支えるポジションの大切に気づいた」とすると、無理なくスムーズに書けるかもしれません。

そのうえで、前職と総務との仕事にどのような接点や関連性があり、前職で身につけたスキルを総務にどう生かせるかについて具体的に述べると、説得力ある志望動機を作成できるでしょう。

前職の内容にもよりますが、総務は非常に守備範囲が広いため、共通項を見つけることはそれほど難しくはないはずです。

営業系や接客系であれば人間関係を構築する能力や人付き合いのよさ、フットワークの軽さ、事務系や企画系であれば書類作成やデータ整理などの事務処理能力、手際の良さなどを軸に考えてみるとよいでしょう。

総務への転職を考えている方へ

総務への転職を考えている人は、総務の求人が豊富な転職エージェントを利用すると、効率よく転職活動を進めることができます。

総務の求人を3,500件以上保有しているリクルートエージェントは、面接対策など専任の担当者による手厚いサポートが受けることができますので、上手に活用しましょう。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。