人材コーディネーターのつらいこと、大変なこと、苦労

マニュアル通りにいかない大変さ

人材コーディネーターとして働く苦労のひとつは、「人」を相手にする仕事であるだけに、思うようにはいかないことが多々あるという点です。

求職者のキャリアに対する希望や考え方は人それぞれ異なり、性格や個性も異なります。

そのため、ある人にはうまくいったやり方が、また別の人にそのまま通用するとは限りません。

たとえば、論理的に完結に話を進めることを望む人もいれば、人材コーディネーターが時間をかけてカウンセリングを行いながら、一緒に今後のキャリアについて考えていくほうがよい場合もあります。

人材コーディネーターは面談で相手の特徴を見極めて、一人ひとりに合った対応を柔軟にとっていくことが求められます。

板挟みになったり、クレーム対応に追われることも

クライアント企業と求職者の間に立つ人材コーディネーターは、ときに両者の板挟み状態となり、苦しい思いをすることもあります。

たとえば、企業からは「派遣されたスタッフが思うように働いてくれない」「求めていたスキルが足りていない」といったクレーム、求職者からは「派遣先が合わない」「仕事がつまらない」といった内容のクレームが考えられます。

また、マッチングしたスタッフが契約途中で派遣の仕事をリタイアしてしまった場合にも、企業からは人材コーディネーターのところへクレームが入ります。

もちろん、コーディネーターはつねに「この人ならこの職場が合う」と、しっかり見立ててマッチングを行うのですが、それでもうまくいかなかった場合には、少々つらい思いをすることがあるかもしれません。

突発的な残業が入りやすい

人材派遣会社の仕事は全体的に激務といわれており、人材コーディネーターとして働く人も、残業が増えがちなようです。

登録スタッフに連絡をする場合も、多くのスタッフは日中は仕事で連絡がつかないため、どうしても夕方以降に時間をとってやりとりをすることが多くなりますし、クライアント企業の要望に見合う登録スタッフが見つからない場合には、見つかるまで候補者を探して連絡をし続けなくてはなりません。

スタッフのフォローや連絡など、とにかくあらゆる業務が夕方以降に発生しやすいのが特徴です。

そのため、どうしても残業が増えてしまいがちで、突発的なクレームやトラブル対応で遅くまで働くこともあります。