生産管理のやりがい、魅力

製品づくりに深く携われること

生産管理は、自社製品を決められた量・質・納期のなかで生産するためのさまざまな管理を行っていく仕事です。

製造業の企業にとって、安定的に、確かな製造を生み出し続けていくには、製造現場のコントロールが欠かせません。

生産管理は、製造工場の舵取り役となって、製品の効率的な生産のために多くの人を導いていける存在です。

また、実際に製品の生産が完了し、実物をその目で確かめられたときには、大きなやりがいが感じられるでしょう。

市場に出回っている製品を扱うのであれば、ふと街を歩いていたりCMを眺めているときに、自分が関わったものを目にすることで、誇らしい気持ちになることもあります。

製造過程の効率化に貢献できること

ものづくりを行う企業にとって、生産効率を上げることは非常に重要な課題です。

同じ品質のものを1日でも早く、同じ量だけ生産できるようになれば、その分、かかるコストは減るからです。

しかし、すでに考えられている生産の効率性を上げることは決して簡単ではなく、現場の調査や綿密な計画が欠かせません。

生産管理の活躍によって工場を上手に動かすことができ、これまでと比べて少しでも生産が効率的に進んだときには達成感が味わえるはずです。

ものづくりの現場の全体を見ることができる

生産管理の代表的な業務は、製造工程の管理を行うことです。

ただ生産ラインを監視するだけではなく、原材料が不足しそうでないかや、在庫が足りているかといったことまで考慮しながら指揮をとっていきます。

原材料の調達から、生産ラインの確保、作業員の配置、生産状況の管理など、広い視野を持ってものづくりの現場に携わることができ、生産現場の頭脳となって活躍できることは、生産管理の大きなやりがいになります。

もちろん、それだけ仕事で求められる知識も多いため、生産管理として培った経験やスキルは自分の大きな武器になるでしょう。