品質管理部門で働くには(大学、学部)

さまざまな業種のメーカーへ就職

商品の品質維持や管理に携わる品質管理部門は、さまざまな業種のメーカーで活躍することができます。

どれだけ高度な研究開発力や設計力があっても、作り出す商品の品質が悪ければ経営に悪影響を及ぼしてしまうため、品質管理部門はメーカーにおいては不可欠であり、最重要部として考えられていることが多い部門です。

大手メーカーであると、新卒採用の場合、たいていは「大卒以上」の学歴が求められてきます。

職種別採用を行っている会社では「品質管理」として採用されることもありますが、なかには「技術職」といった大きな括りで募集され、本人の意思や適性、会社の状況などを踏まえて配属先が決まることもあります。

会社によっては、「高専卒」でも応募できるところがあります。

有利になる学部は?

品質管理の仕事は、「技術職」として位置付けられることから、理系の学部出身者が求められてきます。

しかし、ひとくちに「メーカー」といっても、食品メーカー、医薬品メーカー、化粧品メーカーなど種類はたくさんあり、どのようなメーカーで働くのかによって、有利になる学部や、学校で学んできたことがどう生かせるかが変わってきます。

会社によって、機械工学、電気電子工学、情報・通信工学、金属工学、化学、物理といった、さまざまな専門分野の知識を持つ人が活躍しています。

未経験でも品質管理の仕事はできる

新卒入社であると、学歴や出身学部などに制限があることが多いですが、転職によって品質管理の仕事を希望する場合は、「学歴不問」や「未経験者歓迎」の求人もそれなりにあるようです。

未経験からスタートする場合、基本的には現場で先輩から業務を教わっていくことになりますが、学ぶ気持ちがあれば何も専門的な知識を持たないところからでも品質管理の仕事に携わることは可能です。

もちろん、それまでに品質管理以外でも製造業の技術職に携わった経験があれば、品質管理としての転職はしやすいでしょう。