スーパーバイザーの志望動機・面接

志望動機を考えるにあたって

スーパーバイザーは、小売業であれば販売や接客、コールセンターであればオペレーターとしての経験を積んだ人がステップアップしてなることが多い職種であるため、新卒の学生や未経験者がいきなりスーパーバイザーとして第一線で活躍するのは難しいのが実情です。

そのため、志望動機を考える際には、これまでに現場で培った経験やスキルを生かして、どのようなスーパーバイザーになりたいのかといったことを中心にまとめていくことが必要です。

もちろん、これから初めて仕事に就く人であれば、将来はスーパーバイザーになることを視野に入れて頑張っていきたいという思いを伝えるのもよいでしょう。

仕事をよく理解する

スーパーバイザーの志望動機を考えるには、まずスーパーバイザーの仕事内容や役割をよく理解しておくことが大切です。

お客さまと直に接する現場のスタッフと、現場を客観的に見てマネジメントを行うスーパーバイザーとでは、立場は大きく異なります。

なぜ現場ではなく、スーパーバイザーとしての役割を担いたいのかということを考えれば、志望動機につながる答えはおのずと見えてくるでしょう。

また、スーパーバイザーは販売促進や人材育成、会社の経営、売上や利益といったところにも大きく関わっていく仕事であるため、そのような観点に興味があることを示すことも大切です。

面接のポイント

スーパーバイザーの求人では、即戦力になれる人が求められることが多いようです。

そのため、面接ではどれだけのスキルや経験があり、自分の力で会社にどのように貢献できるかをアピールすることがポイントになります。

過去の実績をわかりやすくまとめておくことはもちろん、今後スーパーバイザーとしてどう活躍していきたいのかをハッキリと伝えられるようにしましょう。

また、スーパーバイザーはフットワークの軽さやリーダーシップなども求められるため、そうした人柄を示すことも大切です。