不動産営業に必要な知識、勉強すること

不動産取引には法律が絡む

不動産営業として働くにあたって、多くの場合、事前に必要とされる知識などはとくにありません。

多くの不動産会社では、まったく専門知識がない人が営業職として配属され、入社後に研修や実務を通して勉強していく形をとっています。

ただし、不動産取引には建築や金融、保険に関する各種法律が絡んできますし、それらに関連する専門用語もたくさんあるため、専門的な勉強は必須です。

なお、同じ不動産業界であっても、売買、賃貸、管理、開発といったどのジャンルのビジネスに携わるのかによって、学んでいくべき知識は変わってきます。

それらを一つひとつ学び、お客さまにわかりやすく説明できるようにする必要があります。

物件そのものの調査方法や図面を見る力、また、物件周辺の地域情報を収集することも大切です。

このほか、相続、シェアハウス、リノベーションといったジャンルの不動産ビジネスを手掛けている会社で働くのであれば、それらに関連する知識も身につけていく必要があります。

業務に関連する資格の勉強

不動産営業として働くうえで、できるだけ取得したほうがよいといわれるのが「宅地建物取引士」の国家資格です。

宅地建物取引士の仕事

この資格持っていると、不動産仲介や売買における契約の際の重要事項の説明や、重要事項説明書および契約書への記名押印ができるようになります。

会社によっては有資格者には基本給とは別で資格手当がつくこともあるため、取得して損はないでしょう。

また、「ファイナンシャルプランナー(FP)」の資格も、不動産営業をするうえでは役に立つでしょう。

ファイナンシャルプランナーの仕事

不動産営業は、お客さまのライフプランニングにも深く関わっていくため、ファイナンシャルプランナーとしての知識を持っていると、資金計画を立て、資産設計のアドバイスを含めた提案がしやすくなります。

不動産営業になると、こうした資格取得も目指しながら、専門性を高めていくことになるでしょう。