商品企画の需要・現状と将来性

商品企画の現状

現在の商品企画においては、データの活用が強く求められるようになっています。

インターネットやSNSなどを見れば価格やクチコミなどの情報を簡単に入手できるようになって、人々の購買行動において「比較」が当然のように行われるようになっているからです。

昔は企画職のアイデアやセンスが最も重要と考えられていましたが、現在はさまざまなデータをもとに、ターゲットにとって魅力的な商品を提案することが重要になっています。

また、多くの商品ジャンルでは商品の開発・改良のサイクルが短くなっており、それに伴ってスピーディーな企画提出が求められることが増えています。

数々のデータの収集・分析に長け、アイデアを素早く企画にまとめることのできるプロフェッショナルが強く求められており、専門化の傾向が見られます。

商品企画の需要

トレンドを読み、ニーズを見極め、それに合った商品を企画することは、まだまだ機械には難しい分野です。

また、企画の質やスピードは商品企画の担当者に依存することが多いため、より専門性が高まってきています。

商品企画はさまざまな業界において必要不可欠な職種であり、需要は比較的安定しています。

ただし、商品企画はおもに正社員の仕事であり、新卒時から社内で育成が行われるのが一般的です。

そのため、外部への求人はそれほど多くはありません。

また、中小企業ではマーケティングや商品開発などの職種と一緒になっていることも多く、こうした場合は企画だけでなく幅広く仕事ができることが求められます。

商品企画の将来性

商品企画にはひらめきやセンスが必要ですが、それだけではなくデータからさまざまな気づきを得ることが大切です。

データ主導型の商品企画が進む中で、商品企画の担当者にはデータ分析やAI活用なども求められるようになるでしょう。

また、さまざまな業界や業種で活躍できるプロフェッショナルは、アイデアの出し方や企画の作り方についてのノウハウをもっています。

ひらめきやセンスに加えて、安定した成績を出すための知識や技術をもった専門家はさまざまな場面で重宝されるでしょう。

生産や営業と比べると、商品企画やマーケティングなどの企画職は効率化が難しいため、マンパワーが必要です。

そのため、今以上に重要性が高まり、人員を揃える企業も出てくるでしょう。

商品企画の今後の活躍の場

商品企画は業界・業種にもあり、企業の規模を問わず必要な活動です。

そのため、商品企画の手法や実績のある人はさまざまな場面で活躍が期待できます。

言語の壁を超えることができれば、海外で活躍することもあるでしょう。

商品企画から業務の範囲を広げてマーケティングや経営にも参加できる可能性もありますし、独立して商品企画の支援会社やコンサルティング会社を作ることも可能です。

また、世のトレンドを読む力がある人であれば、インフルエンサーとして動画や執筆の世界でも活躍できるかもしれません。

身につけたさまざまなスキルや知識は、さまざまなビジネスシーンで活用できるのも商品企画の魅力です。