生産管理のつらいこと、大変なこと、苦労

臨機応変な判断や対応が求められる

目まぐるしく動き続ける生産現場において、生産管理は生産ラインが滞らないように管理を行っていかなくてはなりません。

予期せぬトラブルの発生などにより、生産計画が変更になることもしばしばあります。

そのたびに判断を下して現場に指示を出していかなくてはならないのは、とても大変なことです。

生産管理は、自社の生産能力を鑑みながら計画に応じた臨機応変な対応が求められる仕事であり、多くの人たちをコントロールしていかなくてはならないため、思い通りに現場が回らないときは苦労を感じるでしょう。

社内で板挟みになることも

生産管理は、一般に、営業など製品をお客さまに届ける人と、工場でものづくりを行う人の間に立って働くポジションとなります。

営業は、お客さまのためにも少しでも早く製品をつくってほしいと考えることが多い一方、工場はつねに慌ただしく動いており、これ以上スピードアップさせるのは無理といった要望が出てきがちです。

生産管理は両者の思いを受け止めながら、生産計画の見直しも含め、社内を調整していかなくてはなりません。

板挟みになるときは苦労を感じますが、生産管理がうまく立ち回ることによって、みんなが少しでも前向きに働くことができるようになります。

先を考えて生産計画を立てる大変さ

生産管理は、生産コストについて考えることも重要です。

企業は少しでもコストを下げたいと考えるものですが、必要な予算はきちんと確保しなくては、生産に無理が生じてしまいます。

そこで、生産管理は先々の生産予算を立てるのですが、そこでは売上動向や生産ラインの稼働状況、経費の増減など、生産活動にかかわるあらゆる情報を把握して、計画していかなくてはなりません。

データや数字を見ることも多く、ときに億単位の数字を扱うこともあります。

会社の経営に影響を及ぼす重要な仕事に携わっている責任感を味わいながら働くことになるのは、生産管理の大変なことのひとつです。