役員の仕事内容

役員の種類と仕事内容

「役員」というと、会社の重役という漠然としたイメージを持たれがちですが、会社法上では、役員は「取締役」「監査役」「会計参与」の3種類の肩書きを持つ人のことをいいます。

会社法で「役員等」の「等」が付く場合は、さらに「執行役」と「会計監査人」も含まれますが、役員とする場合は先に挙げた3つのいずれかを指しています。

役員は、会社の経営方針を考え、決定していくことをおもな役目としますが、それぞれの具体的な仕事内容は以下の通りです。

取締役

取締役、代表取締役、社外取締役が含まれます。

会社の方針を決定し、会社を運営する役割を担います。取締役の中でも、対外的に会社を代表するのが代表取締役です。

監査役

監査役、社外監査役が含まれます。

取締役の業務執行を監査する役割を担います。

会計参与

会計参与になれるのは、税理士、税理士法人、公認会計士、監査法人です。

取締役や執行役と共同で、計算書類等を作成する役割を担います。

一般的に使われる場合の役員

上記で述べてきたのは、あくまでも「会社法」による定義の役員です。

それ以外に、一般的に「役員」という言葉が使われることもあり、そこでは上記に加えて「執行役員」を含めることも多いです。

執行役員は、正確には一般従業員と同じ立場になりますが、現場で働く従業員の中ではトップレベルの役割を担うことが特徴です。

社長や会長は役員ではない

一般に経営に携わる社長や会長、さらにCEOやCOO、専務や常務といった肩書きを持つ人は、正確には、それだけでは役員にはあたりません。

それというのも、社長などの役職は法律で定められたものではなく、あくまでも各会社が独自に付ける肩書きのことをいうからです。

しかし、多くの企業がそうしているような「代表取締役社長」や「取締役社長」など、「取締役」という役割が付けば役員となります。

この場合、役員である「代表取締役」が、社内の役職としての「社長」を兼務するという考え方になります。