IRへの転職・未経験採用はある?

IRへの転職状況は?

IR担当者として活躍するためには、その企業の事業内容や特徴に精通し、企業理念や経営方針についても深く理解していなければなりません。

IR業務は、長年その会社で勤め続けてきたプロパー社員(新卒で入社した生え抜き社員)がまかされるケースが一般的であり、転職市場における求人はそこまで多くはありません。

しかし、IRは、会計学や経営学、語学など、複数種類のスキルを高度なレベルで兼ね備えていることが求められるうえ、職種としての歴史が浅いこともあって、IR業務を手掛けられる人材は限られています。

このため、他社でIR担当者として活躍した実績のある経験者については、即戦力として中途採用されるケースもあります。

IRに抜擢される社員はサラリーマンとしてきわめて優秀ですので、転職市場でも引く手あまたといえるでしょう。

IRへの転職の志望動機で多いものは?

IR担当者が他社に転職するのは、大きく分けて2種類の動機が見られます。

ひとつは、現在勤めている会社の経営陣が明確にIRの役割を理解しておらず、十分な活躍の場が与えられていないパターンです。

とくに広報部門の仕事と混同されるケースが多く、不満を感じて他社へ転職する人が見られます。

もうひとつは、給料面などでよりよい待遇を求めるなど、キャリアアップのために転職するパターンです。

中小レベルの企業の社員でも、IR部門の管理職などで経験と実績を積めば、大企業へ転職することも不可能ではありません。

どちらのパターンについても、仕事熱心かつ自己研鑽に積極的で、上昇志向の強い人が転職を決意しやすい傾向にあります。

IRの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からIRになるには

未経験者がいきなりIR担当者として採用されることはほとんど不可能です。

まずは経理部や財務部、経営企画部、広報部などの中途採用試験を受けて、その企業におけるキャリアを積み上げていくことが最初のステップとなるでしょう。

簿記やTOEIC、MBA(経営学修士)などの勉強に励み、資格を取得して、人事部へのアピール材料をつくることも必要です。

「IRプランナー」というIR業務と関係性の深い資格もありますので、その資格試験にチャレンジしてみるのもよいでしょう。

人事のことなので、絶対ではありませんが、そうした努力を重ねていけばいくほど、IR部門に異動できる可能性が高まります。

IRへの転職面接で気をつけるべきことは?

IRへの転職面接で気をつけたいのは、IR担当者としての資質が、面接だけで大部分わかってしまうという点です。

専門知識が豊富であっても、明るく、ハキハキしたわかりやすい喋り方でなければ、IR担当者としてわざわざ中途で採用されることはほぼないでしょう。

同じように、清潔感があり、誰からも信頼される見た目でなければ、質問などのやり取りの前に不採用が決まってしまうこともあり得るでしょう。

株主や投資家から飛んでくる厳しい追及にうまく対応することも必要ですので、臨機応変さや頭の回転の速さなども、圧迫面接などを通して審査されると見ておくべきです。

転職でIR業務を希望する場合、非常にハイレベルなコミュニケーションスキルが求められます。

入社後すぐに活躍できる即戦力人材であることを証明できるよう、入念な準備と対策を行ってから本番に臨みましょう。

IRに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

未経験からIR担当者を目指す場合、転職後にその企業で相応の実績を積まなければなりません。

一概にはいえませんが、5年や10年という長いスパンでキャリアを考えることが必要です。

そこから逆算して考えると、遅くとも20代のうちには転職しておくことが望ましいでしょう。

ただし、経営企画や財務、広報など、転職前の職場でIRに関連する業務を経験している人については、必要な時間が短くなるぶん、もう少し上の年齢でも採用される可能性があります。

短期・長期双方のビジョンを立案できる経営戦略スキルやマーケティングスキル、CSRやダイバーシティマネジメントに関する知識など、実用的なスキルがあれば、30代後半でも採用されるチャンスがあるかもしれません。

未経験からIRに転職する際の志望動機

IR業務について未経験で転職する場合、いきなりIRになれる可能性はほぼありません。

したがって、その志望動機については、転職を志した理由はもちろん、入社後のキャリアプランについても述べるべきです。

どんな職務を経験して、どんなスキルを磨いていきたいのか、キャリアビジョンが明確であればあるほど、説得力のある志望動機となります。

また、具体的なプランを述べることによって、IRという職務をきちんと理解したうえで志望しているということの証明にもなります。

IRは、ふるいにかけられたごく一部の人だけが就くことのできる、エグゼクティブな職種です。

未経験から、しかも中途入社でIRを目指すなら、クオリティの高い志望動機を練りましょう。