内部監査部門で働くには(大学、学部)

ベテラン社員がなることが多い

内部監査部門で働くうえで、必ずしも特別な資格が求められるわけではありません。

しかし、内部監査は企業全体を見渡す必要があると同時に、会社法やSOX法といった法律、経理や財務などの専門知識も求められます。

そのため、ある程度ビジネスの現場で社会人としての経験を積んで会社のことをよく理解している人や、ビジネスマンとしての十分な知識や経験を持っている人が、内部監査部門へ配置されることが多いようです。

新卒の人がいきなり内部監査部門へ就職するというのは、極めてまれなケースだといえるでしょう。

なお、公認会計士の有資格者が有利といわれることもありますが、実際に公認会計士を内部監査担当として採用するのは、一部の大手企業くらいであるようです。

大卒以上の学歴が望ましい

内部監査の仕事では実務経験やビジネス経験が求められることが多く、学歴だけで採用や配置が決まるわけではありません。

しかし、専門的な内容を多く扱っていくことや、内部監査部門は基本的に規模の大きな上場企業に設置されるため、「大卒以上」の学歴を持っておくほうが、将来的に内部監査部門で働ける可能性は高まるでしょう。

内部監査の実務経験者は転職に有利

内部監査は専門性の高い仕事であり、誰もが簡単にスキルを身につけられるものではありません。

したがって、それに関する知識を持っていたリ、実務経験がある人は、内部監査部門への転職が有利にはたらくことが多いようです。

昨今では、企業におけるコンプライアンス体制に関わる事件が取り上げられることも多く、内部監査の体制強化に取り組む企業が増えていることから、内部監査ができる人のニーズはさらに高まっているといわれます。