情報システムへの転職・未経験採用はある?

情報システムへの転職状況は?

企業の状況にもよりますが、情報システムは、大量に人材が必要な職種ではありません。

社外からシステム案件を担当するシステムエンジニア(SE)より、全体の求人数は少ないかもしれません。

ただし、求人そのものがないわけではありません。

また時代の変化により、大手企業の社員でも、シェアオフィスやコワーキングスペースで業務をおこなっている人もいます。

そのような業務環境を整える人材として、情報システムのニーズがあります。

ネットワーク環境などの整備やセキュリティ面の強化など、情報システムがやるべき業務は増加傾向にあるため、今後もニーズは弱まらないでしょう。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

情報システムへの転職の志望動機で多いものは?

一般的に情報システムは業務負担が少なく、比較的落ち着いた働き方ができるといわれています。

そのため社外案件を担当していたシステムエンジニアが安定した環境を求めて志望する人は一定数いると考えられます。

また、別の業界で情報システムを経験した人が別の環境でチャレンジしたい、またはより好条件の職場に移りたいといった志望動機もあるでしょう。

情報システムの経験者、未経験者ともに共通しているのは高い技術力を生かす、または身につけるためではないという点です。

業務の特性から常に最新技術が必要ではなく、求められるのは会社業務を理解し、仕事の効率化を実現するシステム開発です。

もちろんシステム改善も含まれますし、多くの人たちとの円滑なコミュニケーションも求められます。

スキルよりも経験が重要視される面もあるので、そうしたニーズにマッチしていると考え応募する人も多いといえます。

情報システムの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から情報システムになるには

未経験でも応募可能な求人はあります。

未経験者歓迎の求人内容を確認すると、PCのヘルプデスクからかスタートし、徐々に社内システムの運用・メンテナンスをまかされるケースが多いようです。

ただし経験はなくてもサーバーやネットワークの知識を持っている人、もしくはプログラミングを学んだことのある人が条件になっている場合はあります。

情報システムとして働く際、必須の資格はありませんが、持っていると有利になる資格はあります。

・基本情報技術者
・ネットワークスペシャリスト
・オラクルマスター(Oracle Master)
・LPIC (Linux Professional Institute Certification)
・CCNA(Cisco Certified Network Associate)
・CCNP(Cisco Certified Network Professional)

参考:IPA 基本情報技術者試験(FE)

参考:IPA ネットワークスペシャリスト

参考:ORACLE MASTER Portal

参考:Linux Professional Institute

参考:Cisco Certified Network Associate

上記は一例ですが、そうしうた資格を持っていれば、客観的な評価を得やすいでしょう。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

情報システムへの転職面接で気をつけるべきことは?

面接時に気をつけるべきこととして、情報システムとしての業務適正の有無をしっかりアピールすることです。

情報システムの適正としてよくいわれるのは、コミュニケーション力や業務折衝力、良好な人間関係の構築、忍耐強さなどです。

特に未経験者であればこれまでの仕事の経験を交えて、適性があることをしっかりアピールする必要があります。

経験者であれば開発経験や保有スキルを聞かれるため、職務経歴書に記載した内容を自分の言葉で分かりやすく伝えられるよう準備しなければなりません。

また、情報システムの業務においてプロジェクトマネジメントは重要です。

そうした経験はアピールポイントになるため、これまでに担当したプロジェクトの概要を整理しておきます。

未経験者でも前職でプロジェクトマネジメントを経験している際は必ず伝えた方が印象が良くなります。

情報システムに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

情報システムに限らずですが、一般的には30代半ばくらいまでが転職しやすい年齢といわれています。

特に経験者はある程度の業務経験もしており、即戦力としての期待が高まると考えられます。

40代前後になると管理職についているケースも多く、経験やスキルがより高いレベルで求められます。

そもそも管理職の募集をしていない企業も多く、一定の年齢になると求人数が減る傾向にあるようです。

ただしハイクラスの求人であれば経験豊富な人材を求めていますし、お互いのニーズによっては十分に転職チャンスはあります。

未経験から情報システムの転職での志望動機

未経験者歓迎の求人もあるので業務経験がなくても転職できるチャンスはあります。

ただしサーバーやネットワーク構築、プログラミング知識を持っている人は優遇されがちです。

そのため未経験で情報システムを目指す際はそうした知識を学んでおいた方がチャンスは広がるかもしれません。

手に職を得たい、使用する側としての運用を任されプログラミングに興味を持ったなど、理由は人それぞれですが、情報システムとして活躍したい想いをしっかり伝える必要があります。

また、情報システムとして築きたいキャリアや将来のビジョンを伝えることも大切です。

長期的な視点で物事を考え、その実現に向かって努力していくこともアピールするとよいでしょう。