役員のやりがい、魅力

会社の方針を考えていける

取締役は、会社員として働く人にとって、一つのゴールだといえるでしょう。

長年頑張って働き、それなりの成果を残したからこそたどり着けるポジションといえますし、役員になると従業員のときよりもずっと大きな責任を担い、会社を自分の力で動かしていく実感を味わいやすくなります。

いち社員であれば、マネージャーや課長、部長といったようにいくら少しずつ役職がついていっても、あくまでも会社の使用人の立場でしかありません。

しかし、役員になると他の取締役などと一緒に経営に参画できるため、またそれまでとは新しい視点を持って、会社をどう動かしていくか考えることができます。

役員にしかできない仕事に携われることこそが、役員として働く大きなやりがいであるといえるでしょう。

収入が増える

役員になることで、給料(報酬)が増え、収入を大きくアップさせることができるのも魅力といえます。

もちろん、すべての会社において役員報酬が恵まれているわけではなく、会社の業績や経営状態によってもだいぶ差はありますが、従業員と比べて桁違いの年収になることも夢ではありません。

自分の頑張りが収入面の変化によって実感できることも、役員になる喜びの一つといえるはずです。

社員から慕われる存在になる

役員というポストは、社員から見ると「偉い立場の人」といったように輝いて見える存在になります。

存在感があり、自分の活躍を多くの社員たちに背中で示すことができ、憧れの存在、慕われる存在にもなりやすいといえます。

そして、若い人たちが「自分も役員になりたい!」といったような姿勢を見せてくれるときには、うれしい気持ちになるでしょう。

企業発展のためには、会社の方向性を示していく役員の存在が欠かせません。

多くの社員の前に立ち、皆を導いていくリーダー的な存在になれることは、役員の大きな魅力といえます。