「テレビ・映画」系の職業・仕事

テレビ・映画に関連する職業の種類については、まず、大きく「テレビ・番組制作系」と「脚本・演出・映画系」で分けていくと考えやすいでしょう。

テレビ・番組制作は実に大勢の人の手で行われています。

そこでは「テレビプロデューサー」や「テレビディレクター」のように、おもに番組の企画や現場管理などに携わる仕事もあれば、「テレビカメラマン」など技術面から番組作りに関わる仕事もあります。

映画制作にもたくさんの人が関わり、その代表的な職業としては「脚本家」や「演出家」、そして「映画監督」などがあります。

CMなども含めて幅広く映像制作に関わる人は「映像クリエイター」や「映像作家」などと呼ばれることが多くなっています。

そしてテレビや映画などの撮影時には、「照明スタッフ」や「美術スタッフ」として現場を支える存在も欠かせません。

■目次

▶ テレビ・番組制作系
▶ 脚本・演出・映画系
▶ 映像制作系
▶ 撮影スタッフ系

テレビ・番組制作系

テレビプロデューサー

テレビ番組制作の統括的な責任者。人員や予算に決定権を持ち、進行状況を管理する。

詳しくみる

テレビディレクター

テレビ番組制作現場における監督役。スタッフへの指示出しや演技指導を行う。

詳しくみる

テレビAD

テレビディレクターの手足となって、制作現場が滞りなく進むようあらゆる雑務をこなす

詳しくみる

放送作家

テレビ・ラジオ番組の企画を考え、各シーンで使われるセリフやナレーションを台本に書く。

詳しくみる

ステノキャプショナー

タイピングの高度なスキルを駆使し、テレビ番組などの字幕打ち込みを行う専門職。

詳しくみる

テレビカメラマン

ドラマやバラエティから実況放送、生放送まで、テレビ番組で放送する番組の撮影を行う。

詳しくみる

テレビ局社員

テレビ番組の企画・制作をするテレビ局に勤める人。制作部隊のほか営業職や事務職なども。

詳しくみる

番組制作会社社員

放送局からの依頼を受け、テレビ番組やラジオ番組制作を行う会社に勤める人のこと。

詳しくみる

脚本・演出・映画系

脚本家

映画や演劇などのストーリーを考え、登場人物のセリフや動きをシナリオとして書き上げる。

詳しくみる

演出家

映画や舞台などの作品づくりにおいて、照明、音楽、演技指導などの演出を行う。

詳しくみる

映画監督

ストーリー作りからキャスティング、演技指導まで、映画制作のあらゆる面に責任を持つ。

詳しくみる

映画宣伝

映画の公開に合わせて効果的なプロモーション活動を行い、映画の魅力を広く世に伝える。

詳しくみる

撮影監督(映画カメラマン)

映画制作における映像の専門家。カメラマンとして、撮影スタッフをとりまとめる仕事。

詳しくみる

映画配給会社社員

世界から魅力的な映画作品を買い付け、上映する映画館を確保し、作品を宣伝する。

詳しくみる

映像制作系

映像クリエイター

テレビのコマーシャルや映画、CG技術を駆使したものなど、各種映像作品を制作する。

詳しくみる

映像作家

映画やテレビドラマ、CM、PVなど、あらゆる映像作品の企画を考え、制作する仕事。

詳しくみる

構成作家

テレビ・ラジオ番組の流れや各コーナーを考え、視聴者の心に訴える企画を形にする。

詳しくみる

撮影スタッフ系

照明スタッフ

舞台や撮影現場、イベント時に照明を用いた演出をし、場の雰囲気づくりをする。

詳しくみる

美術スタッフ

演劇の舞台やテレビ・映画の撮影で使用する舞台装置や小道具を製作する。

詳しくみる

職業カテゴリー