不動産営業のつらいこと、大変なこと、苦労

ノルマが厳しい会社も

不動産営業の仕事では、賃貸仲介でも売買仲介でも「ノルマ」が課せられることが一般的です。

ノルマは「月に〇件以上の契約を取ること」といった内容になりますが、これを達成できないと上司からプレッシャーをかけられたり、場合によっては給料を下げられたリすることもあります。

不動産営業の仕事では、成果を出せば出すほど収入アップが期待できますが、その反面、つねに数字を意識していなくてはならないという大変さがあります。

ただし、ノルマの厳しさは会社によっても異なり、なかにはそこまでプレッシャーを感じずに働ける職場もあるようです。

週末は仕事になることが多い

不動産業界では、昔から縁起を大事にするといった理由から「水曜日」を定休日とする傾向にあります。

一方、世間一般が休みの土曜日や日曜日はお客さまが多く訪れることから、会社も営業しているケースが多いです。

そのため、不動産営業として働く場合、休日は水曜日などの平日が中心となり、週末は出勤を求められることが一般的です。

定休日のほか、平日にもう1日休日がとれる会社もありますが、週1日の休みしかない会社もあり、他業種の仕事に比べると休みは少なめといわれています。

クレーム対応が続くことも

不動産営業は対人関係の仕事であり、ときにはお客さまから直接クレームを受けることもあります。

また、「不動産」という人が毎日生活する場所を提案し、そして決して小さくない金額の商材を扱うため、場合によっては重大かつ難しいクレームに対応しなくてはならないこともあります。

この仕事では成約時の達成感が大きい一方、ひとつ間違えば大変なトラブルになりかねないため、慎重に事を進めていくことが求められます。

とくに営業担当者は社内でもお客さまと最も近い距離感で働くため、お客さまから温かな声をいただけることもありますが、一方でお叱りを受けることが続くとつらい気持ちを感じてしまうかもしれません。

不動産営業として働くのが辛い場合は、転職を考えることも大切

不動産営業はノルマが厳しいことが多く、クレーム対応に追われることも多いため、辛いと感じる人も少なくありません。

不動産営業として働き続けることが辛いと感じている場合は、ノルマが厳しくない営業職や他の職種に転職を考えることも大切であると言えます。

不動産営業に転職したいと検討している場合は、転職エージェントに登録しておくと、自分の希望に近い求人をまとめて知らせてもらうことができ、便利です。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントが現状について丁寧にヒアリングをし、不動産営業職に転職するべきかどうかのアドバイスまで受けることができますので、まずは気軽に相談してみましょう。