不動産営業に向いてる人、適性

「結果」を出すことにこだわりたい人

ひとくちに不動産営業といっても、賃貸仲介や住宅販売、リフォームなど、さまざまな分野で働く人がいますが、この業界は結果を出すことが強く求められる世界です。

とくに住宅販売などでは扱う金額も大きく、よい成果を出せばその分だけしっかり給料にも跳ね返ってくることが多いですが、結果を出せなければ叱られたり、大きなプレッシャーをかけられたりすることもあるといわれます。

不動産営業は個人の実力が見えやすく、つねに数字を意識して働かなくてはならないため、結果を出すことを楽しめるような人、プレッシャーを力に変えられるような人に向いている仕事だといえるでしょう。

人付き合いが好きな人

不動産営業の仕事では、扱う商材によって顧客層は変わってきますが、幅広い年代の個人のお客さまとの関わりが多いことが特徴です。

一期一会の出会いを大切にし、信頼関係を築いていくことが重要です。

また、不動産業界はまだ「昔ながら」の体質の会社も多いといわれています。

人付き合いが濃く、社内や取引先との飲み会や接待が頻繁にあるような職場も見られるようです。

すべての会社が同じ雰囲気というわけではありませんが、人との関わりが多い仕事であることは間違いないため、人付き合いが好きな人のほうが向いているといえそうです。

ストレスに強い人

不動産営業の仕事では、日々さまざまなストレスを受けることになります。

飛び込み営業やテレアポでは、まともに話も聞いてもらえないまま断られ続けることが続いたり、時間と労力を割いてご案内したお客さまが最終的に成約につながらないこともあります。

また、オーナー(大家)とお客さまの板挟みになり、両者から厳しいことを言われながら交渉を進めなくてはならないようなこともあります。

ただ人が好きなだけでなく、プレッシャーを感じてもへこたれずに頑張れるかどうかが、この仕事を続けていくうえでは重要なポイントになるといえます。

ストレス耐性は強いに越したことがありません。

「自分が不動産営業の仕事に本当に向いているのかどうかイマイチ分からない」という人は、新卒の場合はキャリアチケットというサービスを利用してみてください。

マンツーマンで就職のサポートをしてもらうことができるキャリアチケットでは、不動産営業に対する適正についてのアドバイスや、面接対策や書類添削を受けることができます。