広告宣伝への転職、未経験採用

未経験からの転職が活発な業界

広告宣伝業界は、常に新しい発想と経験を求めています。そのため、他業種からの転職者にはオープンであるといえます。

広告代理店であれば部門が細分化されているので、職種の的を絞った転職が可能です。

たとえば各種業界の営業職経験者が広告代理店の営業部門に転職したり、管理職経験者が制作進行の管理職に転職というケースは大いに考えられます。

社内に広告宣伝部門を持つ企業では、広告宣伝の経験者を積極的に中途採用したがる傾向はありますが、そうでなくても他社で目覚ましい業績を上げており、広告宣伝への理解が深い人材であれば、採用に至る可能性は高いでしょう。

ステップアップとしての転職

中小企業で広告宣伝を担当していた人が、より大きなやりがいと年収アップを求めて大企業の広告宣伝部門や大手広告代理店に転職するのもよく見られる例です。

こうした人は業界内の暗黙のルールやノウハウをしっかり身につけているため、企業としては採用しやすい人材と言えます。

しかし自分の強みは何なのか、何がしたいのかビジョンをはっきり持っていないと、大きい予算を任せられる人材として評価してもらえません。

大手企業に転職したいのであれば、これまでの業務で経験してきたこと以上の何かを成し遂げる意気込みを見せましょう。

新卒採用はありえるか?

可能性は低いですが、まったくないとは言えません。

新卒でいきなり企業の広告宣伝部門の第一線や、広告代理店の制作進行を任されることは考えにくいですが、アシスタント的な役回りであればあり得るでしょう。

新卒採用の際に広告宣伝部門への配属を強く希望するのであれば、大学在学中に広告宣伝に関わるインターンをしたり、自らウェブ上で広告宣伝関連のビジネスをするなどして、熱意に経験と知識が伴っていることをアピールしてみましょう。

また、大学の商学部経済学部などでマーケティングやパブリッシングについて学んでいれば、チャンスはより広がるかもしれません。